ちはやふる 5巻 -感想- 個性的なTシャツで芽生える乙女の友情

ちはやふる, 5巻, 漫画, 感想漫画
この記事は約4分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 5巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

瑞沢高校かるた部は勝ち進む。
千早ちゃんにトラブル発生?!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

この記事の注意点

この記事の感想は48巻までも含めて書いています。
よって、48巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

団体戦の結果

結果は描かれていない。と思ったんだけど、
改めて読み返したら、ちゃんと描かれてたね!!

予選は通過して、トーナメントに出場していたことに驚き。
しかも、翌年で激戦を繰り広げる、富士崎高校と戦っていることにも驚き!!

太一の切なさ

今巻は太一の切なさが満載。

新のことばかり考える千早ちゃん。
それを友達として見つめている姿がなんとも切ない。

蝶の扉絵

第二十五首の扉絵が蝶々の絵が入った千早ちゃんで可愛い。
カラー原画がみたかった。

詩暢ちゃんと対戦

千早ちゃんは4巻で詩暢ちゃんとすれ違った時に気づいてないと思ったら、
しっかり気づいていたことに驚き。
てっきり、体調不良でそんな余裕ないと思っていたよ。

この時から変なTシャツで友情?!が芽生えてるねw

大山札を分けない。とか、この時からクイーンの独自な感じの伏線はあるんだね。

クイーンが守りがるただと改めて知ったw

過去の自分に負けない

クイーンにボコられて、気持ちが折れかける。
しかし、過去に同じようなシチュエーションで新に立ち向かった12歳の自分を思い出す。

歳を取ると、こういうことがあるよね。
あのときはできたのに、できなくなった。とかさ。
それは経験から学んだ怖さだったり、背負っているものたちの重さだったりするわけだけどさ。

そういう自分との葛藤が描かれているのは、今までにない気持ちの表現で良かったね。

ふくからに

千早ちゃんがF音が強い設定をまったく認識してなかった。

「ふくからに」は1巻でも新から抜いた札だったのかな?!
まったく覚えてニア。
これからは意識して読んでみよう。

本物の夢

クイーンと戦って、新への思いから生まれた恋による浮ついた?夢が、
本当に夢になる。

その瞬間を目の当たりにした太一の説明が良いね。
千早ちゃんもそうだけど、太一は千早ちゃんのために、千早ちゃんを応援するために、
また覚悟を強くしたようにも思えた。

俺にもできるかな

太一の葛藤がすごい。
B級で勝つために、全部かけてる。とか、泣かないとか。
自分にもできるのか?とかさ、そういう気持ちは器用貧乏ならではの悩みな気がした。

肉まんくんの気持ちを察するかなちゃん

太一の戦いを見つめるなか、千早ちゃんとかなちゃんと机くんが手を繋ぐ。
かなちゃんが肉まんくんに手をかけようとしたら、
同じB級の太一を悔しそうに見つめる肉まんくん。
それを察するかなちゃん。

きっとこのときに机くんがかなちゃんの手を握ったのが、のちのちの勝敗を分ける一つだったのかもしれないw
机くん一歩リード!

新の復活

高校生選手権が終わった。と思ったら、新の描写になった。
先生のセリフが良いね。

新が復活!これで役者は揃いましたね。

体育祭

ネタなコーナーなんだけど、結構好きw
かなちゃんへの反応が笑ってしまった。

太一の彼女

彼女と別れる太一。
いやいや、まだ付き合ってたの?!と、
読者の僕も部員たちと同様の疑問でしたw

太一の心

千早ちゃんが太一の肩で疲れて寝ちゃったシーンの太一の葛藤が良いね。
キュンキュンする。
これぞ少女漫画よ!!
ずるい。とか、そういう葛藤が真面目で青春ぽくて良いね。

原田先生のアドバイス

千早ちゃんへのアドバイス。
「速く取るな」の意味はなんだっけ?!
すっかり忘れている…。
次巻をチェックせねば!!

おまけ

机くんが狙われていて草。
あのTシャツは、こうやって決まったことをスッカリ忘れていた!!

おわりに

太一の千早ちゃんへの思いを感じてキュンキュンする巻だった。
細かい設定とか、かなり忘れているので読み返すと面白い。

ラストへむけて、また続きを読み続けていく!!

タイトルとURLをコピーしました