ゲーム・オブ・スローンズ8 第6話 / シリーズの最終話!!

ゲーム・オブ・スローンズ, Game of Thrones, シーズン8ドラマ
この記事は約2分で読めます。

どうも、ドラゴンが好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ゲーム・オブ・スローンズ8 第6話 の感想。

ただの感想である。考察ではない! ※ネタバレ込み

あらすじ

最終話。シリーズの最終話。全部で73話!長い道のりだった。なんどゾクゾクしたことか?!

前話で戦いは一段落。いったい誰が王座を手に入れる…?!

感想

ついに終わりましたね。

「あっけなかった。」

そんな気持ちが強いです。

感情の起伏が少ない終わり方でした。
丸く収まった感じ。

デナーリス

狂ってしまった。
死に方が、あっけなさすぎる。
あぁ…、こうなっちゃうよね…。

ドラゴン

母を失い、王座を焼くドラゴン。

えっ…、王者が燃えて無くなった!
いままでの争いは何だったの?!
ポカーン( ゚д゚)と放心状態になった。

デナーリス以外には誰にも譲らない!
という意味で焼いたのだろうか…。
最後の謎な演出だった。

ブラン

王に選ばれるのは予想代。
だって、“三つ目の鴉”なんて人間の域を超えてる!
すでに王様以上の存在ではないか!

このオチには、
もはや予想外すぎて喜びも悲しみもなかった(笑)

ジョン

デナーリスを殺害した罪として、
ナイツ・ウォッチに戻る。

ナイツ・ウォッチは必要なの?
野人は仲間になったし、
ホワイトウォーカーはいなくなったのだから、
不要なのでは?と疑問が残った。

最後に耳が欠けたゴーストが登場。
不遇なジョンが少しだけ救われたような気がした。

おわりに

最後は穏やかでしたが、
とても良いドラマだった。
こんなに毎週楽しみにしていたドラマは、
ゲーム・オブ・スローンズが初めてだ。
毎回、映画を見せているような気持ちだった。
最終話、とても楽しみに待っている!

コメント

タイトルとURLをコピーしました