Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022(02/06[Sun]) ぴあアリーナMM -感想レポ- ローラスケートの長所を実感した

Kis-My-Ft2, Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022, ぴあアリーナMMライブ
この記事は約11分で読めます。

どうも、ライブが好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022 に行ってきた。

ネタバレ込み!!!
ライブの感想を書き残す。

男性の視点で感想をつづる。

概要

アーティストKis-My-Ft2
ツアー名Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022
日付2022.02.06(日)
時間
開場:16:00
開演:17:30
終演:19:30
場所ぴあアリーナMM
客層主に30代
男女比女性9.8割, 男性0.2割

ぼくのKis-My-Ft2ファン歴

ファンじゃないです、申し訳ありません。
ファンが書くコアな感想を望むなら、このホームページから離脱することをオススメします。

僕はテレビを観ない人間なので、
彼女と付き合った約2年前までKis-My-Ft2の存在すら知りませんでした(苦笑

逆にKis-My-Ft2を知らない男が書いた感想が知りたいなら、残っても良いと思います。

行った理由

Kis-My-Ft2ファンの彼女に「一緒に行こう」と言われたからである。

ただ、僕は元々ライブやフェスは好きで70回以上は行っている。

アイドルも母親の影響で嫌いでない。
嵐のライブには2回行ったことがあるし、フェスでTOKIOを観たこともある。
ジャニーズはライブの仕掛けが豪勢で凄いイメージがある。

キスマイの演出はどんなのだろう?!どんな凄いステージの仕掛けがみれるのだろう?
そんな興味から彼女と一緒にライブに行ってきた。

ライブ以外の感想

ライブ以外に感じた会場などの情報を述べる。

ぴあアリーナMM

はじめて行った会場だった。

「みなとみらい駅」から行ったけど、「桜木町駅」からのほうが近い気がする。
でも、どっちも徒歩10分くらいで決して遠くはない距離だとは思う。

会場の広さは、横アリよりは面積は狭い。
だけど、高さは横アリより高いね。

客層

ほぼ女性である。
ジャニーズなので女性が多いイメージだったんだけど、
嵐の東京ドーム公演に行ったときは、ちらほら男性がいた。
しかし、今回は本当に女性ばっかしだったね。
まあアーティスト名が「キス」がつくから、男はちょっと恥ずかしいんだと思うw

年齢が20代なのかと思ったけど、
以外と35歳くらいの層が厚い気がした。

まあキスマイメンバーの年齢を考えれば、当然なのかな?!

途中のMCで「前(アイスクリーム)のライブも来た人?!」みたいな質問があったけど、
8割くらいは来た人だった。
嵐では5~6割くらいだったのに…。
どうやらキスマイファンは熱い固定ファンが多いようだ(当選率が違うだけかもしれないけど)。

入場のチェック

なにもない。
コロナの世の中だから、ワクチン接種券のチェックとかあるのかな?と思ったけど、
そんなのはなかった。

アルコールを手につけるやつがあった。
あと体温を測る装置もあった。
ただ、検査場は外にあったし、
身体も外にいたせいで冷えていたせいか、
測ったら35.0度しかなかった(笑

まさにザルな検査である。
別にキスマイとか関係なしで、
世の中、こんなザルな検査ばっかしなんだろうなー(苦笑

座席

スタンドの3階だった。
後ろから数えたほうが早かったし。
最上階が4階なので決して良い席とは言えなかったかな。

ステージ

漢字で表現すると「田」みたいな雰囲気。

アリーナ席で、各ブロックの中心位置の観客が、
どっち向けばいいんだろう?!と迷っている人がいて大変そうだった。

お花が飾ってあって綺麗だったね。

仕掛けはジャニーズファンからすれば、
当たり前なんだろうけど、
普通のアーティストしか観ない僕からすれば、
圧巻の仕掛けでした。どれも面白い。

ライブ感想

アーティストの感想を好き勝手に述べる。

セットリスト

彼女がライブで疲れて寝ちゃってわからないから、起きたら教えてもらって書く。

Re:

初っ端から「知らない曲」だった(苦笑

ゆっくり目な曲だったので、
地味なスタートだな。と思った。

初めてキスマイのライブをみたけど、
ダンスは別に韓流やエグザイル系とかに比べると、全然上手には見えない。揃っている感もない。
ただ、これは以前にみたジャニーズの嵐も同じだったし。
そもそもテレビのタレント業と平行して多忙なスケジュールの合間に練習しているから、
先程のべたアーティストとは練習に避ける時間が、そもそも全然違うわけである。

それに今回は1日に2公演で、その2公演目である。
いくら横浜公演の最終公演でも、メンバーはほぼ?30歳を超えている。
僕も30歳を超えている身なので、1日に2公演やっていることだけで驚きである。
僕だったら絶対に体力が持たない。1公演でヘトヘトで動けなくなっている。
1日に2公演やっているだけでも尊敬する。

これらの理由を考えれば、このダンスは妥当?十分?な気がした。
てか、彼女をみていて思うけど、
ジャニーズファンがジャニーズに求めることは、こういうダンスが上手いとかではないのだろう。

曲の終わりにステージのバックに
「10」と書かれた演出は良かったね。

A10TION

前曲の背景演出から繋がる曲。
ここから1曲目と打って変わって、
アップテンポな盛り上げムードになったね。

Everybody Go

初めて生でみるローラースケートの演出に感動。

ローラースケートの素晴らしさを実感した。
スピード感があって良い。
ステージを広い範囲で動ける。
早く動けるから多くの観客前を移動できる。

ローラースケートなんか、今どきダサいだろ。って思っていた。
しかし、そういう見かけの話しは抜きにして、
ライブで多くのファンに「近い距離で、何度も会う」を叶えるためには、
とても最適な道具だと思った。

これを考えた人(ジャニーさんなの?)は凄い。

彼女にライブ映像を見せられているときに、
「脱線(ステージから落ちない)しないのかな?」と、
いつもハラハラして観ているんだけど、
実際に生で観ていても、結構な速度で移動して疾走感がある。
それなのにメンバー同士でぶつからないし、ステージから落ちたりもしないから、凄かった。

このハラハラ感も魅力の一つなのかもしれない。

消えた宮田さん

途中でステージの左上段で宮田さんがしゃがみ込んだ。

のちのMCで装飾の花のツルが車輪に絡まった。と説明があったけど、
最初は怪我でもしたのか?!と思った。

少しの間、しゃがんでいて、その後、しばらくしてダンスに合流した。
普通に踊っているように見えるけど、
別に昔からのファンじゃないから、これが普通なのかがわからない。
とりあえず大丈夫そう?!で一安心。

宮田さんを気遣うメンバーの優しさにもビックリ。
アイコンタクトで藤ヶ谷さんと「大丈夫?」みたいな感じなやりとりをしていた。(と思う←ファンじゃないし遠いから誰が誰なのかハッキリとわからない)
あまりライブでこういうやりとりを観たことがなかったので、
メンバーの絆みたいなものを感じた。

One Kiss

ステージが浮いて回ったのはビックリした。
ドーム以外でも、こんな演出するとは、
さすがはジャニーズである。

ファンにより近く、多く観てもらうために、
多くの移動、そして高さを追求する演出はアッパレだよ。

MAHARAJA

衣装も凄かったし、
曲も凄かった。

ぶっちゃけ「よくこの曲をリリースする許可がでたな。」と驚きだった。
本当にキスマイは芸の幅が広すぎる。
芸人殺し。とは本当にそうだなー。と実感させられる演出だった。

Fear

一つ衣装替え後。
背景の絵が良かった。
お着替え中に蝶の絵がでてきて、
その後にメンバーが登場した。

白い生地に墨汁みたいな衣装だった。

それで手が千手観音みたいに、たくさん描かれている映像が気持ち悪くて、
メンバーが来ている衣装と会っていてよかった。

シャンデリア

天井に草が生えたシャンデリアがあった。
途中で3段くらいになったけど、あれは個人的に好き。

衣装替え

さすがはアイドルである。
5回くらいは着替えていたね。
MAHARAJAのときとか、
いつその羽織を脱いだの?!とか思うくらい早業だったね。

最後から二番目くらいの、
ディズニーランドのホーンテッド・マンションのスタッフが来ているような、
濃緑?ぽい服が一番カッコよかった。

過去のツアー

アンコール前の最後の曲で、
過去ツアーの一覧が背景に流れていた。
この演出は古参のジャニーズファンにはたまらないだろうなー。と思った。

あぁこれ行ったなあ。とか、感慨にふけっちゃうようね。

玉森さん

言葉が少なくて大人しい印象だった。

ただ、最後のシメぽいところで、
泣いてるの?みたいな表情で、良いセリフを言って去っていく。のが、すごい上手いな。と思った。

口数が少なかったせいか、すごい感情が入っているように思える。
コロナで会えなかったから。みたいなセリフと、
それでやっとライブできてファンに会えた。みたいな感動して泣いているような表情が、
本当に良かった。

なんというかセリフと表情の使い所が本当に上手い!!と思った。

彼女いわく、泣いてるような表情には見えなかった。と言っていたけど、
玉森さんを知らないド素人な男性の僕には、泣いているような表情に見えた。

あの顔であんなセリフを言われたら、
玉森さん推しのファンは歓喜でしょ!!と思っちゃったもん。
僕が女性だったらキュンキュンしちゃうわ。
おばさんも虜にしそうなキュート表情だったよ。凄いぜ。

最後に消えた

アンコールが終わって、
やっと終わったー。と思ったら、
一瞬で落ちるように消えてビビった。

終わって気が緩んだのもあったけど、ちゃんと観てなかった。

どうなってるんだこれ?!床が空いて落ちてるのか?!
でも、それって着地するときに足首ひねらないか?!
と疑問だった。

彼女に聞いたら「床と一緒に落ちてる」と言われたけど、
そうなのか?!たしかに足がついてる床と一緒に落ちれば、足首をひねったりはしないもんなあ…。

ちょっと悔しい。もう1回みて確かめたい!!

うちわ

3階で見晴らしが良いので、
双眼鏡を使って、みんなが どんなうちわを持っているのか? 観察していた。
いろいろな種類があって面白かったw

だいたい、
「ハグして」「指を指して」「チューして」とか、多い。
感動できるものだと「感動をありがとう」「会えて幸せ」とかだった。

個性が強いやつだと、
「○○○って呼んで!」「昨日、誕生日だったからお祝いして」「彼女になって」とかだった。

まあ性格が出るね。
アイドルにアピールできる場なんだし、別にうちわで一方的に振るだけだから、誹謗中傷じゃなければ良いと思うけどね。

バックダンサーがいない

嵐をみた僕からすると意外だったのが、
ジャニーズJr.の子たちが後ろで踊っていないことだった。

まあ今回はドームじゃなくてアリーナだったし。
コロナの影響で出演者が増えればコロナの感染確率も増える。
そういう理由もあっていなかったんだろうな。とは思う。

ただ、彼女いわく、
ジャニーズJr.好きの人がくると、
ペンライトとか白色が増えるから良くも悪く言えないんだとか。
はあ、ジャニーズファンの界隈も難しいだな。と、現場を知って勉強になりました。

ペンライト

軽量化した。と言っていたけど、「重い」よwww
男性の僕が「重い」と思うのだから、女性は更に重いと思う。

3階から観ていると、
黄色が多い気がした。
でも、色の問題でそう見える気もする。
たぶん、一番不遇なのはピンクな気がする。
黄色と赤色が多くて、ピンクはその両方にかき消されている気がする。
数えるとピンクは少なくない感じなんだけど、パッとみは多そうには見えなかった。

ライブ中に手動と自動でアンケートを取られていたけど、
僕はファンじゃないので、勝手に自動で色合いが同期してほしかったなあ。

でも、色に「白」があるのは、キスマイの優しさを感じました。
なぜなら僕は別にファンじゃなかったし、特別に好きなメンバーもいなかったから。
だから、メンバーの誰でもない「白」を選べたのは助かった。
もし白がなかったら、彼女の推しの色にしないと、ライブ中に彼女から無言の威圧があったかもしれないし(苦笑

黄色い喜声が恋しい

ちょっとジャニーズのライブに行ったけど、物足りないな。って気持ちがあった。
それが何なのか考えたんだけど、
きっと「キャー!キャー!」って黄色い声がなかったからかもしれない。
黄色い声は出しちゃいけない世の中なので、今回はこの物足りなさはしょうがないんだけどね。

ただ、僕はあの女性たちがアイドルをみて歓喜して?大声をだしている幸せそうな楽しそうな姿が観たかっただと思う。
そういう女性たちの姿をみてアイドルの凄さを実感したかったんだと思う。

あとは日頃は澄ましているけど、変貌する彼女の姿をね!!

まあ物足りなさは僕よりも、きっとファンの人たちが切実に思っているのだろう。
本当はきっと目の前に推しのメンバーが通ったときに「キャー!」と声を上げたいのだろう。
それを堪えながら必死に楽しんでいた人たちが、あの空間には多くいたんだと思う。

僕は出歩くのが嫌いだし、飲み会も、バーベキューとかも嫌いだから、そういうイベントが減りまくったコロナの世の中は嫌いじゃないんだけど、
今日の大人しい女性たちをみて、珍しく早くコロナの世の中が終わってほしいと思った。
彼女に思いっきりストレス発散できるような歓喜の声をあげてほしいと思った。

おわりに

ちょっと知らない曲が多すぎたかな。
時系列を知らないから、覚える曲が多すぎて、あまり覚えられなかった。

仕掛けは満足。次はドームの仕掛けもみたいなあ。
ライブ中に流れた過去の映像はどれも興味を引くものだった。

タイトルとURLをコピーしました