ちはやふる 13巻 -感想- 熱戦の決勝トーナメントがはじまる!!

ちはやふる, 13巻, 漫画, 感想漫画
この記事は約4分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 13巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

2回目の全国高等学校かるた選手権大会の全国大会決勝トーナメントが始まる!!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

※49巻で完結かと想いきや、2022年4月に完結は50巻と発表されました(苦笑)

この記事の注意点

この記事の感想は48巻までも含めて書いています。
よって、48巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

前に出る勇気

肉まんくんの前に出る勇気は一理ある。

筑波くんがオーダーを書き換えてないのに、書き換えも許可していて笑った。

机くんが思い通りにならなかったから、
「知るかよ!」と試合前はすねていたけど、
アドバイスの意味に気づく点が流石!
経験者は違う。

オーダーの決め方

顧問が決める。と書いてあったけど、
たしかに学生時代を決めると顧問が決めてたな。

富士崎高校のキャラ

もう後で出てくる富士崎高校のキャラが描かれていることに驚き。
リオンちゃんもこの巻で登場してるね。
桜沢先生も初登場。
リオンにボソっと言った言葉は何だったのだろうか?

偵察は疲れる

千早ちゃんの冷静なアドバイス。
たしかに人のを見るのは疲れるね。

対戦している二人と自分 の3人の思考になるからね。

カナちゃん

机くんのアドバイスで行動するも逆効果www
くぷーで相手が嫌がると思ったのは、さすがは一人っ子?!

机くんのデータ分析

恐ろしい威力を発揮する…。
これは机くんのデータというより、解析力が素晴らしいのである。
性格分析までしていてすごすぎる。

千早ちゃんの記憶力

相手の逢坂恵夢を覚えていないのはヤバすぎるw
クイーン目指す人物が日本で3位の人を知らないのは、ちょとt…w

個よりチーム

千早ちゃんが成長した。

北央戦で自己を優先した結果、
チームが負けた。

その反省を自覚しているのか、今回は勝ちを優先した!
千早ちゃんが成長している。

最近、週1で読んでいて気づいたけど、
一気読みするとキャラの成長が実感できる。

普通のコミックだと2,3ヶ月経ってるから成長を忘れているw

感化される太一

成長した千早ちゃんだが、
太一は千早ちゃんで勝負することを選んだ。

ヒョロくんの決勝戦で!の言葉に感化されてますなw

逢坂恵夢

天然、毒舌、地味。とか、リアルでいたら最悪なキャラであるw
変態カメラくんたちのおかげで、なんとかタダの変わったキャラになっている。

千早ちゃんたちはチームだけど、
明石は、
逢坂恵夢のためのチームだね。

チーム達も逢坂恵夢の本心を知らない点がポイントだね。
ちょっとぎこちなさがある。
まあ、どこも完璧ではないよね。

肉まんくんのアドバイス

千早ちゃんにモメろ!という。
流石はモメユミの後輩である。

しかし、できない千早ちゃん。
まあ、向き不向きがあるからね。。

幽霊の原田先生

(生きてます)に爆笑。
本当に死んだような感じだよねww

途中から千早ちゃんが変わった原因がわからなかったけど、
まさか原田先生のアドバイスが千早ちゃんを冷静にさせたとは!

おまけ

メタ発言満載ですね!

おわりに

もうここからは面白い部分しか残ってない印象!!
すっかり詳細を忘れてるから、来週も楽しみに読み続ける!

タイトルとURLをコピーしました