DOWNLOAD JAPAN 2019 最終ラインナップ ヘヴィメタ好きは心が躍る

この記事は約3分で読めます。

どうも、ヘヴィメタが好きな隣の鈴木です。

DOWNLOAD JAPAN 2019
の最終ラインナップが発表されましたね。
僕は行く予定で、チケットも購入済み。

今日は最終ラインナップについて感想を書く。

最終ラインナップについて

満足している。

Judas Priest, Slayer, SUM 41, Arch Enemy, MAN WITH A MISSION
どれも好きなバンドだ。

チケット第は¥16,500。
このメンツなら妥当な値段だ。

OZZY OSBOURNE出演キャンセル

とても残念。
DOWNLOAD JAPAN 2019のチケット購入に踏み切った理由の一つだった。

ニュースを観た時、

「また、やってくれたなクリエイティブマン!(笑)」  と思ったよ。

ヘヴィメタルの歴史において、偉大な人物。

ヘヴィメタ好きな僕としては、
1回だけで良いから観たかったな…。

Judas Priest追加

超嬉しいラインナップだ。

「OZZY OSBOURNEの代わりが務まるバンドなんかいるのか?!」
と疑問だった。

「メタル・ゴッド」なら間違いなく問題ない!!
「代わり」なんて言葉を使ったら失礼だ。

約10年前の LOUD PARK 09で1回観たことある。
LOUD PARK 09の時、ロブ・ハルフォードの声が辛そうだった事を今でも覚えている。
果たして、10年後の現在はどうなっているだろうか?!
不安もあるが、期待と嬉しさのほうが大きい。
バイクに乗った姿や、並んでギターを弾くパフォーマンスは最高にカッコよかった。
またあのカッコイイ姿を観れるのかと思うと、僕の心は踊る。

最大の楽しみSLAYER

Judas Priestを熱弁したが、
一番みたいのはSLAYERだ。

残念なことに今回でツアーは引退らしい。
サイトにも”FINAL WORLD TOUR”と書いてある。

つまりSLAYERが観れるのは最後なのだ。

僕はSLAYERが好きである。
初めて買ったヘヴィメタのアルバムはSlayerだったな。
3rdアルバム『レイン・イン・ブラッド – REIGN IN BLOOD – 』
聴いたのは10年以上前だが、最初は良さがサッパリわからなかった(苦笑

SLAYERは、~SLAYER来日公演2015~で1回観たことがある。
亡きハンネマンに捧げる演出に感動した。
そのライブでゲットしたケリー・キングのピックは、僕の大切な宝物だ。

おわりに

ライブまでの残り1か月を切った。
DOWNLOAD JAPAN 2019を楽しみに、残りの1か月を過ごす。

あとは思いっきり遊ぶために、
体力作りに励むとする!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました