COUNTDOWN JAPAN 14/15(12/30) -感想レポ-

この記事は約3分で読めます。

どうも、ライブが好きな隣の鈴木好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

COUNTDOWN JAPAN 14/15(12/30) に行ってきた。

ライブの感想を書き残す。

概要

フェス名COUNTDOWN JAPAN 14/15
アーティスト
9mm Parabellum Bullet
アルカラ
ROTTENGRAFFTY
10-FEET
Nothing’s Carved In Stone
キュウソネコカミ
パスピエ
日付2014.12.30(火)
場所幕張メッセ(最寄り駅:海浜幕張)

行った理由

夏のROCK IN JAPAN FESTIVALで、
COUNTDOWN JAPANの3日券を購入した。

人生初の3日連続フェス参加!!

2日目!!

ライブ感想

各アーティストの感想を好き勝手に述べる。

9mm Parabellum Bullet

カッコイイ系でした。

アルカラ

MCが面白いのが好き。と言ったら、アルカラは首にタンバリンやっていて面白いよ!と言われたので、
予定にはなかったけど、急きょ観てきました。

曲は、普通だったけど、
MCは最高に面白かったです。3日間で一番笑った気がする。

リハで、XJAPANの紅を弾きはじめる。
新宿で捕まった自虐ネタを喋る。
aikoの物真似はじめる。

等々、笑わせていただきました。
てか、声がXJAPANのTOSHIさんに本当に似てる。

ROTTENGRAFFTY

すごい激しいモッシュでビックリ。
歌ってるのはオッサンだけど、パンクで超激しかった。
3日間で一番激しかった気がする。

10-FEET

開始時に、観客が肩車してタオルを掲げていた。
それがかなりの数いて、神々しい感じで良い雰囲気だった。
まあ、肩車の良し悪しはともかくね…。
3日間で一番良いスタートの雰囲気なアーティストだったと思う。

Nothing’s Carved In Stone

ロック!!

キュウソネコカミ

前から2番目に行けました。
「ONE OK ROC」を捨てた価値があったと思ってます。

相変わらずのリハで「ネコオドル」。
次は、まさかの新曲「OS」を演奏したのでビックリした。
セイヤさんがドンキーコングの真似して、くそおもしろかった笑

今回は掛け声が完璧ですよ。
周りも掛け声が完璧でした。
この一体感!コールアンドレスポンス!最高でしたね。
この観客の一体感こそがキュウソネコカミの最大の良さだと思います。

ギャラクシーステージで新曲「GALAXY」を聴けたのも良かった。
あんましキュウソぽくない曲ですね。

パスピエ

声に惹かれて、最後に聴きました。
顔だししない系のアーティスト。
ライブのカメラワークがすごかった。
メンバーの顔を1回も映さなかった。
カメラマンすげえ!と感動。

ヴォーカルの声がすごい高い電子音みたいな声で、可愛い。

顔は最後まで謎だった。
近くに行かなかったので、メンバーの顔が全然みえなかった。
次に観る機会があったら、近くに行って顔をみよう!!

おわりに

この日は、1曲も知らないけど聴いてみたバンドが多かった。
いろいろなパフォーマンスを観れた。
どれも初めて観る演出で楽しかった。

タイトルとURLをコピーしました