「朗読劇」2回目の地下世界、2時間の長編

この記事は約2分で読めます。

どうも隣の鈴木です。
2月は横浜に毎週通っている。

また朗読劇を横浜で観てきた。

「YRPG~横浜朗読プロジェクトグループ~」というものです。

観た理由

1回目は面白かった。

物事の本質は1回ではわからない。
最低でも3回みないと良し悪しが判断できない。

「付き合うまでのデートは3回」とか言うじゃない?!
それと同じだ。

朗読劇も1回だけではわからない。
だから、3回観る事に決めた。

今回は2回目だ。

客がいる

1月の朗読劇は、僕を含めて2名だった。

前回で場所は把握した。
ギリギリの開演5分前に到着した。

着いてビックリ…。
僕を含めて満席だった…。

やっぱし物事は1回では「わからない」ね。

朗読劇の難点

今回は出演者が多かった。

役割配分のためか、
1月と異なった演出があった。

  • 2組の会話が同時進行
  • 2人が喋るタイミングをずらしてエコーみたいな表現

正直な感想は、
大変聴きにくい。
疲れた。

聴覚だけで会話を想像するのは、
とても疲れる。

こんなに疲れるとは知らなかった。
新たな気付きを得れて良かった。

きっとこの場所に来なければ、
死ぬまで知らなかっただろう。

2時間

1月は6部構成だった。

今回は8部構成だった。
しかも、1部がとても長かった…。

前回は体感で1時間くらいだった。
今回は2時間あった。

同じ2000円なので、今回のほうがお得だ!!(笑)

おわりに

相変わらず面白い。
僕の想像した世界よりも、
朗読には色々な表現がある。

新たな気付きを今回も得る事ができた。
来月も日程が合えば聴いてくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました