メリー・ポピンズ リターンズ -感想- ミュージカル映画好きなアラサー男がみてみた

メリー・ポピンズ リターンズ, ディズニー, 映画, 感想映画
この記事は約4分で読めます。

メリー・ポピンズ リターンズ(Mary Poppins Returns) 映画の感想。

Sneak Peek | Mary Poppins Returns

どうも独身30代の鈴木です。
週末、会社の帰りに映画を観てきました!!

観た理由

前作「メリー・ポピンズ(Mary Poppins)」が面白かった。

54年ぶりの続編に興味がわいた。
現代の技術では、どんなメリーポピンズが描かれるのか?

感想

後半は面白かった。
最後の風船シーンは大好き。

50年以上前

僕は前作「メリーポピンズ」を観る事をオススメする
観てなくても楽しめます。
しかし、観たほうが、さらに楽しめます!!

理由は、
メリット:

  • 前作のネタがたくさん使われている
  • 細かい演出の繋がりに感動する
  • 独特な空中浮遊
  • 階段滑り
  • 2ペンス

などなど

特に最後の「2ペンス」のオチなど
前作を観ていないとサッパリわからないはず。

暗いストーリー

今作のイメージは、

「前作よりも暗い作品」

ストーリーが冒頭から暗い。

  • 母親は1年前に他界
  • 家は差し押さえられそう

ディズニーらしいといえば、収まりがつくかな…?
とにかく前作よりも基盤のストーリーが暗い。

ガス灯の点灯夫

ガス灯を点灯する仕事って本当にあったの?(笑) ばかり気になってしまった。

壺の中の世界

前作「メリーポピンズ」と同じ2Dと合わさって世界。
この演出には作中で一番の感動。
さすがはアニメ界の王者ディズニーだ。

割れた壺の亀裂に車輪がハマる シーンとか最高だった。
こんな演出はディズニーしかできない。

エミリー・ブラント

  • プラダを着た悪魔
  • オール・ユー・ニード・イズ・キル

は観たことがある。

特に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の
腕立てシーンの印象が強い。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』IMAX予告編

「プラダを着た悪魔」で共演していた
メリル・ストリープとの再共演は気づかなかった。

冷淡な印象が強いせいか、
前作よりもカタイ表情の「メリー・ポピンズ」に映った。

ツボ世界の踊りが好きじゃなかった。

股を何度も開いていて、それがスゴイ嫌だった。
前作のメリーポピンズはこんなにまた開くような下品ではない(笑)

あと色合いも紫なのが好きになれなかった。

A Cover Is Not the Book (From "Mary Poppins Returns")

ベン・ウィショー

歌い方がヒュージャックマンに似てる。

言葉あそび

日本人にはサッパリわからない。
誰か解説して欲しい。

マンマ・ミーア!が多い

マンマ・ミーア!に出演している人が多い。
メリル・ストリープ
コリン・ファース
ジュリー・ウォルターズ
歌って踊れる人って少ないのかな?

ミュージカルとして良かったところ

点灯夫たちのダンスシーンが一番良かった。
前作「メリー・ポピンズ」煙突掃除屋のオマージュ?シーンにあたる。
前作よりも壮大になっていた。

Trip a Little Light Fantastic (From "Mary Poppins Returns")

風船の演出

「どうせ前作と同じ流れなんでしょ・・・」と
ストーリーが予想できたせいで、途中で飽きた(笑)

最後に風船を使った演出があった。
みんなが風船で空を飛ぶ。
このシーンが僕の心を感動させた
それまでのシーンの良し悪しなんてどうでもよくなった。
このシーンだけ観れただけで良かった。と思わせてくれる演出だった。

おわりに

タイトル「リターンズ」に相応しい内容。

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス (Supercalifragilisticexpialidocious)みたいな、
思い出に残る曲がなかった。

メッセージ性は前作より弱い。わかりづらい。
前作のほうが好き。

しかし、それでもディズニー映画は面白い。
家族やデートで観る事をオススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました