アナと雪の女王2 マジカルエディション(MX4D・吹替版) -感想レポ-

この記事は約3分で読めます。

どうも、隣の鈴木(@next_suzuki)です。

アナと雪の女王2 マジカルエディション(MX4D・吹替版) 映画の感想。

ただの感想である。考察ではない!

観た理由

エルサが不思議な声が聞こえるようになっちゃったー!
声の主は誰か探しに行くよー。

感想

微妙。

原因はMX4Dだな。
あまり集中して観れなかった。

映画自体は、ストーリーが少し分かりづらかった。
前回よりもお笑い要素が増えた。
歌と笑いでゴリ押し感が少しあったかな。

MX4D

初体験だった。

座席の演出。

  • 動く
  • ミストを噴出
  • 風を噴出

簡単に言うと、
遊園地にあるアトラクションの簡易版。

映像に合わせて、席が揺れたりする。

僕はこの演出は嫌い。
映画に集中できない…。

席が動くたびに、ずり落ちそうになった…。
同行者は前髪がふっ飛ばされて、うざそうだった…。
ミストが臭い。と言っていた。

飛び降りるシーンとかになると、
あーこれ絶対に席動くよー。

水が出るシーンで、
あーまたミストでるぞー。

とか、脳内で余計なことを考えてしまった。

もうMX4Dは観たくない…。
アクション映画なら楽しめるかもしれない…。

ストーリー

分かりづらい。

キャラが増えたせい?!
シーンの切り替わりが激しかったから?

第5の精霊と声の主の違いが、
イマイチわからなかったよ…。

母ちゃんが第5の精霊だったの…?!(汗)

ヴィランズ

悪役がいないのかな…?

精霊は仲間になるし…。
お祖父ちゃん?!さっぱりわからなかった…。

オラフ

今回のみどころ。

アナと雪の王女1の復習演技は、笑った。

声優が変わって「武内 駿輔」さんだったけど、
声優が変わった違和感が全然なかった!!

精霊

風の精霊が実態がないから、分かりづらい…。
トカゲちゃんは可愛かった!!

両親

両親が死んだような内容。

あれ?アナとエルサの両親が後にターザンを産む。って設定なかったっけか…?
調べたら、あれは冗談だったぽい…?!

映画中は裏設定を思い出した。

エルサが両親が亡くなった理由が自分のせいだ。と責めて、
アナが慰めてる時に、

「いやいや、両親は死んでないから!!どこかでターザン作ってるから!!」

とか突っ込んでしまった。
おかげで全然泣けなかった笑

クリストフ

なぞのソロシーン。
背景に顔が並ぶシーンがQueenのミュージックビデオみたいだった。

1980年代くらいのミュージックビデオみたいな、
ネタな演出だった。ダサい。クソダサい。
これは何がやりたかったの?!笑

エルサ

最強すぎる。

これヴィランズだったら最強最悪だぞ!!

髪型が変わって、キレイだね!!
お姉さんキャラぽい、色気!!

アナ

こちらはめんどくさい女キャラ。
妹らしいよね。

クリストフが可哀想過ぎる(笑)
神田沙也加さんの演技がハマってたね。

スキャンダルでたのが、映画が観終わったあとで良かった。

オラフが消えたシーンは茶番に見えた。
いやいや、絶対に復活するでしょ…。
もう僕は大人になりすぎちゃったんだな。

映像・音楽

歌も映像も良かった。

ただ、前作のほうが良かったな。

歌も歌詞がキャッチーじゃなかった。

映像はキレイなんだけど、前作みたいに
「氷の世界」で統一されていなかったので、イマイチ。

おわりに

とても観たかったので、観れて良かった!!

前作のほうが圧倒的に良かったな。

あまり感動しなかったけど、
姉妹愛は良かったね。

前作より笑いがあって面白かった。

タイトルとURLをコピーしました