ちはやふる 15巻 -感想- 太一が変わるとき

この記事は約5分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 15巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

2回目の全国高等学校かるた選手権大会の全国大会決勝トーナメントの決勝!!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

※49巻で完結かと想いきや、2022年4月に完結は50巻と発表されました(苦笑)

この記事の注意点

この記事の感想は48巻までも含めて書いています。
よって、48巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

千早ちゃんの怪我

15巻からの続き。
やはり怪我する千早ちゃん。
みんなを心配させないために嘘をつく。

しかし、怪我したのは人差し指で、
怪我したのは中指だから問題ない!!
で続行するのはスポ根すぎる。

理音ちゃんにもグイグイ圧力かけてるし、
もはやアドレナリン全開だね!!w

もっと熱戦が続くのかと思ったけど、
悪魔原田先生のアドバイス通りでアッサリ終わった。

怪我させたことないからわからないけど、そういうもんあのかな?!

詩暢ちゃん

なんだかんだで観戦し続けるクイーン。

恒例のクイーンスマイルが恐ろしい!!

女性陣の「お待ちください」で、クイーンスマイルが強調されたシーンがあったけど、
この女性陣がクイーンを本気にさせてくれる人たちってこと?!

今まで過去が明かされなかったけど、
ここでどうしてクイーンが一人になったのかわかる、過去の描写が描かれましたね。
子供が友達と一緒に遊びたいから嘘をついていたけど、大人によってその嘘が見破られてしまい、詩暢ちゃんは友達を失う…。
ちょっぴり切ないですね。

村尾さん

千早ちゃんと理音ちゃんの戦いをみて審判に入ろうとしてくれる。
めちゃくちゃ良い人である。

数巻前に、新に冷たい態度をとっていたのが嘘みたいであるw
作中屈指の良いキャラである。

桜沢先生

この先生は怖すぎる。
(勝てないことを)「教えてあげたら?」とか強気すぎるでしょ。
しかし、常に冷静なのは名将ですな。

負けたのも自分の責任。というのは、責任者として素晴らしいセリフ。

変わる太一

この15巻は素晴らしいけど、その素晴らしさを際立たせているのが太一の変化である。
もう太一がカッコ良すぎる!!

超分析キャラの机くんに、変わろうとしている!!
と覚醒の兆し?!を解説されている。

机くんの太一への性格分析が的確すぎて凄い!!
机くんの言う手堅い太一が「3勝するぞ!」と宣言するのは、
超熱いものがあります。
もうこの15巻は太一の熱量で成り立っているよ!!!

原田先生の生霊を払い除けながら、攻めがるたする姿は熱いね!!

この熱量と、
エムロ部長をお手つきさせる賢さ!!しびれるね。
あんただって疲れてる!!!ってセリフはかっこよすぎます。
相手に一杯食わせるシーンなので、アニメのこのシーンは結構印象強く残っている。

最後の運命線も良すぎる。
しっかり東京大会の北央戦の経験が活かされている点も良い。
もう一生運命線で勝てなくても良い。とか、もはやハンターハンターの制約と誓約に近い凄みがある。

そんな負けている状況でも、
自分が好きな女の子に自分の戦いを観ていてほしい。と願う姿も、青春ぽい切なさがあって良い。
以前読んだときは熱戦ばかり気にしてたけど、
今は恋心も描かれているだな、と気づけた。

そんな太一の願いが通じてか、
運命線で勝利して、千早ちゃんも起きてくれる。という最高の演出だね。

ぶっちゃけアニメのせいもあるけど、
48巻まで読んでも、この試合が一番熱い気がする!!!

太一の願いが叶ったこと、瑞沢高校の勝利。
アニメも2,3回みてるし、コミックでも読んだの3回目くらいだけど、
思わず、ちょっと感動して泣いてしまった。

新と再開

瑞沢高校の優勝で盛り上がったとおもいきや、
千早ちゃんは新と遭遇する。

15巻のサブテーマなのか?
個人と団体について、
団体の良さを好きな男性に泣きながら訴えかける千早ちゃん。

強さに執着するだけじゃ、試合は成り立たないもんね。
たしかに負ける人間がいるから、ゲームは成り立つのである。
そういう意味では勝ちだけにこだわらないで、みんなで一緒に励んでいく!という気持ちの人たちがいるから、
競技は成り立つのかな。と改めて考えさせられた。

せっかく太一の願いが通じて、太一と千早ちゃんが良い感じだったのに、
すぐに恋敵の新を登場させるとは、
この作者様のはなんて鬼畜!!
珍しく運命線で運を上げたと思ったら、すぐに太一の運を落とす。
たぶん、この漫画で一番恐ろしいのは鬼畜な作者様である(笑)

おわりに

太一がカッコいい!!
その一言につきる15巻だった。

ここから太一が覚醒しますね、あとでもう1回覚醒するわけですけどw

激アツな15巻にお腹いっぱいです!!
このあとは熱くないけど、読み進めていきますw

タイトルとURLをコピーしました