ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [映画]

この記事は約2分で読めます。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One: A Star Wars Story)映画の感想。

引き続き『スター・ウォーズ』シリーズ

観た理由

映画が大好きな友達が絶賛していた。
今年、スターウォーズの1-6を観た。と言ったら、
「ローグ・ワン」を超オススメされた。

「最後のセリフが最高」と言われ気になった。

こっちのほうがいい

スター・ウォーズ/フォースの覚醒より面白い。
期待以上の良さだ。

May the Force be with you

何度も言いますね。
ジェダイじゃなくて一般人が言うのが良い。
祈りだね。

ジェダイなし

ジェダイが出てこない。
ライトセイバーもほぼなし。
戦闘が銃撃戦が主で泥臭い。

あの世界観で泥臭い戦闘が超良かった。

死に方

ローグ・ワンがバタバタと死ぬ。
こういうストーリーは大好き。

綺麗な映像のおかげで、死に方も綺麗。

ダースベイダー

ダースベイダーは必要だね。
最後の戦闘シーンがカッコイイ。
最強すぎる。

おわりに

『スター・ウォーズ』シリーズだけど、
『スター・ウォーズ』シリーズではない。
そんなイメージ。

一つの映画作品として最高の出来だ。

理想の世界ために命をかけている姿。
次へ繋いでいく魂。
そういう意思が他の『スター・ウォーズ』シリーズよりも感じられた。

文句なしの良い映画だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました