インターステラー [映画] 白いポスターのジャケットからは想像できない面白さ

この記事は約4分で読めます。

どうも、宇宙が好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

映画 インターステラー(Interstellar) の感想。

観た理由

「Yahoo!映画」「Amazon」で高評価。
知人も「面白い」と評価。

観る前の私は

期待値ゼロ。

上映時間:約2時間50分。
僕は上映時間が長い映画は苦手。
「96時間」(上映時間:1時間30分)みたいな短い映画が好き。

ポスターのジャケットが白い。
無機質な感じでパッしない。

ダラダラと長いだけのつまらない映画。
そんな思い込みがあった。

結果、知人に映画の感想を聞いたのに、
6か月以上みなかった。

GWだし、せっかくだから映画でも、
そんな気まぐれで見る決心をした。

こんな人向き

上映時間は長いが、テンポは軽い映画だ。
あまり深く考えない人にオススメ!!

あー、宇宙って、もしかしたらこんな感じなのかも?!
程度で思考が止まる人向き。

宇宙について論理的に考えちゃう人は避けたほうが良いかも…?

例えば映画「アルマゲドン」をみて、

「こんな簡単に地面掘れるわけないだろ!(笑)」

とか真面目に考えてしまう人はオススメしません…!

僕は短絡的な思考のため、
テンポが良いストーリーがとても僕向きだった。

感想

とても!とても!面白い!
予想の100倍以上に良かった。
想像していた内容と180度異なった。
ハラハラと緊張した、感動したし、泣いた。

見ている途中、
あまりの面白さに、心の中で知人に謝った。

「感想を聞いておいて、ずっと放置して本当にごめんなさい!!」

宇宙兄弟

僕は漫画「宇宙兄弟」が好きだ。
漫画で描かれる宇宙の世界。

そんな宇宙の世界を3Dで表現したのが、
この映画のように思えた。

  • 宇宙船のドッキング
  • 人工知能ロボット
  • 酸欠のシーン

どれも宇宙兄弟にも存在した描写だった。
それを現実で見ているような気分になれた。

カウボーイビバップ

僕はアニメ「カウボーイビバップ」も好きだ。

「カウボーイビバップ」も宇宙を題材にしている。

この映画でも「カウボーイビバップ」と同じで、
コールドスリープが登場している。

寝ているため、登場人物は老けない。
終盤、主人公と娘の再開シーンは、
「カウボーイビバップ」のフェイ・ヴァレンタインを思い出した。

緊張感

宇宙は死が付きまとう。

失敗が許されない緊張感があるシーンがたくさんあった。

  • ドッキング
  • 波から逃げる
  • ブラックホールに突っ込む
  • 重力加速でかかる力でブラックアウト

僕はずっと手を握りしめて映画を観ていた。

マーフィーの法則

冒頭で話される「マーフィーの法則」の話。

僕はこの法則が好きだ。

宇宙兄弟のワインの話で初めて知った。
今度、本を読んでみようかな。

父と娘

作中で描かれる父と娘の愛が良かった。

  • 最初の別れるシーン
  • 娘が幽霊の主に気付くシーン
  • 最後の再開のシーン

最後のシーンは、
思わず泣けてしまった。

老けた娘と若いままの父親。
そのギャップが時の流れを感じ、
切なくて泣けた。

娘に再開するために頑張る父親。

映画「96時間」でも思ったけど、
娘を持つ父ちゃんって最強だね!

マシュー・マコノヒー

彼の演技が良かった。
熱い演技から娘への愛が伝わってきた!

何気ない演出

  • 冒頭の老人
  • 幽霊
  • ワームホールで手が触れる

宇宙という未知な世界を表現するための演出。
そんな大きな意味がないシーンが最後につながったのも感動。

終わり方

最後の終わり方も好き。
主人公がAIロボットと共に宇宙船で飛び立った。
スターウォーズのパロディーみたいな感じで笑った。

おわりに

この映画のおかげで、
一つ僕自身について気づいた。
僕は宇宙が好きらしい。

とても面白い映画です。
短絡的な人は是非みてください。
宇宙兄弟が好きな人にもオススメします!

これからは、
もっと宇宙に興味を持ちます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました