[サッカー]明治安田生命J1リーグ 第9節 横浜F・マリノス 対 鹿島アントラーズ の感想

明治安田生命J1リーグ, 第9節 横浜F・マリノス, 鹿島アントラーズ, サッカー観戦
この記事は約6分で読めます。

明治安田生命J1リーグ, 第9節 横浜F・マリノス, 鹿島アントラーズ, サッカー
どうも、スポーツが苦手な隣の鈴木(@next_suzuki)です。

明治安田生命J1リーグ 第9節
横浜F・マリノス 対 鹿島アントラーズ
サッカーの感想。

サッカーについて

サッカーは好きではありません!
超素人です。
オフサイドわかりません!(笑)

観に行った理由

毎年1回みている
サッカースタジアムの雰囲気が好き。
お酒飲んだり、応援している空間が好き。
一つのイベントのために、多くの人が集まる。
音楽フェスに似ていて好きだ。

観戦前

ガチャガチャ

アヒルのガチャガチャがあった。
可愛いので買ってしまった…。
僕自身のために買った初のマリノスグッズだ。
合計で5回チャレンジ。
アヒルさんが3色そろいました(笑)

はじめて

はじめての1人スポーツ観戦。
いつもは弟と行ってる
今日は弟が来れなかった。
初めてバック自由席で観た。
斜め(45度くらい)の位置だ。
いつもはバックアッパーゾーンあたり(真ん中)でみていた。
いつもと違う位置で見てみた。
これが思いのほか見やすくて良い位置だった。
95%くらいの人々がユニフォームを着ていた。

レ・ミゼラブル

帝国劇場ミュージカル「レ・ミゼラブル」とコラボ。
お笑い芸人の斎藤司さんが登場した。
僕はテレビ関係にうとい。
「斎藤さんゲーム」って何?!(笑)

「レ・ミゼラブル」出演者が「民衆の歌」を合唱。
僕の後ろの席で子供が歌っていた。
映画「レ・ミゼラブル」で撃たれて亡くなる年齢くらいの子供だった。
真剣に声を張り上げて歌っている子供の声を聴いて、
そのシーンを思い出した。

Les Misérables (2012) – Gavroche's part

しかし、いまだに
「民衆の歌」とマリノスの繋がりが
イマイチ納得できない(;’∀’)
大人の事情かな?深く考えてはいけませんね。
トリコロールカラーとレミゼラブルの起源フランスの国旗色が共通だかららしい…?
ゴーンさんのルノーもフランスだもんね!

子連れが多い。

後ろの座席の子供がとっても可愛らしかった。
お父さんとの会話が聞こえてきた。
なごんだ。
子供うらやましい。欲しい。
今日は昼間の13時からキックオフ。
子連れが多かった。

日差し

本日の気温は17度だった。
日なたで観戦した。
暑い。
日焼けした。
今は顔がヒリヒリして痛い。
周りの人は日焼け止め対策をしていた。
日焼け止めを塗ったり、
帽子を被っていた。
僕はサッカー観戦素人。
近年は夜の試合ばかりみていて、
日差しのことを考えたことがなかった。
すっかり日焼けすることを忘れていた。
次回は日焼け止め対策をしよう!

最高のビール

僕はお酒が好きではない。
飲み会以外は、お酒を飲みません。
ウィスキーのボトルを3年前に買いました。
家に未開封で残っています(笑)
お酒に興味がない僕が、
唯一、ビールを飲みたくなる時がある。
それがスポーツ観戦だ。
本日は晴天。
キレイな青空。
広大なスタジアムの人。
緑の芝生。
それら眺めながら休日に飲むビールは最高だった。
ぜいたくな休みを満喫した。幸せ。

試合

2019明治安田生命J1リーグ第9節vs鹿島アントラーズハイライト動画

先制される

前半11分に安西選手に入れられる。
また抜き!カッコいいね。

パッとしない前半

点を入れられた後は、
守りを固める鹿島アントラーズ
ボールの支配率は横浜F・マリノスが多い。
素人目線では、
鹿島アントラーズの守りのほうが上に見えた。

タイムがないスポーツ

何度も書くが僕はサッカー素人。

前半の同じ攻めの展開に、
なにか打開策の作戦はないのか?と思う。
その時、気づいた。

サッカーは「タイムアウト」がない。

今更、気づいたよ。
野球、バスケもバレーはあるじゃないか。
どうしてサッカーはないのだろう?

後半

流れが変わった。
横浜F・マリノスの攻めが
前半より食い込めるようになった。
前半はペナルティエリアまでしか攻められなかった。
後半はゴールエリアまで攻められるようになった。

同点

後半でゴールにつながる攻めが増えた。
しかし、点が入らない…。
サポーターも暑さで疲れてきたのか、
応援の熱気?テンション?が下がってきた…。
そんな中、後半24分。
仲川選手がゴールを決めた。
いいゴールだった。
まぐれではなく、
キレイに決めたゴールだ。と感じた。
カッコいいゴールだった。

追加点

その後、37分にマルコス選手がゴールを決めた。
マルコス選手がボールを持った時は見ていた。
ゴールの瞬間も見ていた。
しかし、その前をみていなかった。
ん?何でマルコス選手がボール持っていたの?と驚いた。

みていなかった理由は、
弟とLINEをしていたからだ。
弟は家でダゾーンをみていた。

大事な場面を見逃してしまった。
スマホを見て、目の前の景色を見ない。

現代人がやりがちな、もったいない事の一つだ。
それを犯した。

弟に「次回は現地に来い!」とLINEで送った(笑
八つ当たりにも程がある(笑)

次回はしっかり目の前の試合をみます!

マルコス選手

よく走る。
そんな必死な姿が、とても好印象。
ドラゴンボールのポーズが見れる!
と思いきや、今回は見れなかった(笑)

2点目でみれるか…?!と思いきや、

途中で担架という名の筋斗雲に乗り、試合から離脱してしまった(苦笑

今度は見れるように、またサッカーの観戦をします。

乱闘

ファウルが多い試合だった。
終盤で乱闘ぽい感じになりかけた。
初めて観る光景でハラハラした。

サッカーで真面目な殴り合いの乱闘ってあるの?!(゚Д゚;)
野球はあるけど、サッカーはみたことない(汗

コーヒールンバ

マリノスが勝った後に、
サポーター席でパラソルを回す。

その時に、聞き覚えのある音が流れた。

優良道路のサービスエリア、パーキングエリアにある、
コーヒー自動販売機「トーヨーベンディングのミル挽き珈琲!」

を買った時にに流れる音だ!

なんで、あの機械と同じ音が流れるんだ?!
と不思議でしょうがなかった。

のちに調べたら、

「コーヒールンバ」

と言うらしい。
ウィキペディアを読んだところ、
結構、有名な曲ぽい…?!

伊藤翔選手

去年まで在籍していた伊藤翔選手。
試合後にサポーターズシートに来た。
拍手で出迎えられていた。
はじめてみる光景で感動した。
僕の勘違いしていた。
サッカー選手は他チームに移動すると裏切り者扱いされる。
古巣チームとの試合に出るとブーイングされる。
その扱いが当たり前だと思っていた。
そんな勘違いのせいか、
伊藤翔選手へのサポーターの態度は、
とても感動的なシーンに映った。

サッカー素人の僕には、
これが普通なのか珍しいのか、わからない。

しかし、サポーターたちの行動から察するに、
伊藤翔選手が良い選手だったのは、間違いないのだろう。

平成最後

この試合は平成最後の試合らしい。
平成最後のホーム試合らしい。

「平成最後」ネタにあやかれてよかった。

そんなに深く考えてもないけど、
平成最後に横浜F・マリノスの勝利を観戦できたのは、
とてもよかった。

幼稚園児くらいの子供がお父さんに

「かってよかったねー!」

と嬉しそうに言っていた。

とても和んだ。
子供を喜ばせることができるなんて、
サッカー選手は素晴らしい!

おわりに

休日に最高のビールで幸せ。
試合の内容も逆転勝利で面白かった。
逆転勝利!の良さに気付けた。
観ている側はとても面白いね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました