コウノドリ 新型コロナウイルス編 -感想- コロナ時代を忘れないための一冊

コウノドリ, 漫画, 感想漫画
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうも、妊活中の男こと隣の鈴木(@next_suzuki)です。

コウノドリ 新型コロナウイルス編 の感想。

ただの感想である。考察ではない!

あらすじ

完結した漫画「コウノドリ」の番外編。
新型コロナウイルスの世の中においける病院と産科の物語が描かれている。

前編の続き。

読んだ理由

1巻の発売当初から読み続けているから

1巻のときは、将来のときに役に経てばいいな。と思っていたけど、
8年経っても今だに役立つときなし(泣)

ある日突然、メールに「コウノドリ」番外編の発売通知が来た。
今までも読んでいたので今回も読んでみた!!

人物紹介

1年以上経ったけど、まあ覚えてはいた。
新キャラも2名ほどいたね。

時代がわかる

1冊を通して、新型コロナウイルスの初期から最近までが描かれている。
まさかの鴻鳥先生まで新型コロナウイルスにかかるとは!!

オリンピックが延長で始まって、GOTOトラベルがあったり、
ブルーインパルスが飛んだり、オリンピックの開会式が描かれたり、
ここ1,2年の時代の流れを思い出した。

医療業界の苦悩

ニュースでたびたび話題になったことが描かれていたね。
そういう意味でも振り返りに思った。

医療業界の苦悩

  • 政治事情
  • 医療者を敬遠
  • お見舞いが不可能

政治事情

上記でも述べたが、コロナの患者数が増えている中で、
開催されたオリンピックなどのイベント。

別世界のよう。と語っていたけど、
医療系の人からしたら本当にそうなんだろうな…。

医療業界以外のため。とは語っていたけど、
理屈ではわかっていても、感情的には納得できないよね…。

そういうことを風刺(それとなく批判する)しているのが良いね。

医療者を敬遠

最近は薄れたけど、流行った当時はニュースで描かれていたね。
漫画のように家族にずっと会えない。とかさ。

コロナ慣れした最近でも、
僕は職場で同僚と話している時に、
「私は家族が医療従事者だから私はリモートワークのほうが良いのでは?とついつい悩んじゃいます。」
とか会話した記憶がある。

医療従事者も、それを取り巻く人達もみんな悩んでいたよね。

そういう人たちと関わりたくない人達の思考もわからなくはないけど、
社会を支えている人たちにそういう態度を取らないといけない世の中は、
悲しい
世の中だとは思う。

お見舞いが不可能

家族の最後に立ち会えないことも描かれていた。

僕も立ち会えない人がいた。お見舞いにも行けなかった。
葬式にも行けなかった。

だから、未だにその人が亡くなった実感が薄かったりする。
墓参りに行ってはみたけど、死んだ姿をみてないから、今もどこかで会えるような気がしてしまう。

コロナ慣れで忘れてきたけど、そういう人たちが世の中にはたくさんいる。
そういうことをこの漫画を読み直して思い出した。

うそはうそであると見抜ける人でないと難しい

コロナワクチンについてSNSを信じて、打っていない妊婦さんが描かれていた。

ここで毒舌な四宮先生が、いつものキャラで妊婦さんに語るわけである。
コウノドリらしいシーンだな。と懐かしく思った(笑

未だにこういう思考の人はたくさんいるんだろうな。とは思う。
実際に僕の周りでもコロナワクチンを打っていない人はいる。
それは本人の自由なのは間違いない。
打ちたくても、病気で打てない人だっている。一度打ったけど副反応が辛すぎて二度目は打てない人だっている。

でも、この漫画で描かれたようにデマ情報を信じて損をしているのなら、それはもったいないよな。とは思う。
回避できるリスクを回避できなかったわけだからね。

今はネットで何でも情報が手に入るようになった。
でも、それが正しいのか正しくないのは、本当にわからないものが多い。

最近の話題だと、AI技術で水害の偽画像が出回って、それに騙されてしまう人たちがいた…。

Twitterなんて140文字しか打てない。その情報”だけで”鵜呑みにするのは冷静に考えれば情報が少なすぎる。
でも、世の中にはそういう人たちがたくさんいる。
僕はIT業界で働いていて、IT慣れしている方だが、それでもしょっちゅうSNSの情報に翻弄されてしまう。
IT慣れしていない人だったら、きっとすぐに情報を鵜呑みにしてしまうのだろう…。

何かの本で読んだけど、
人間の脳は生き残るための本能が、負の情報を集めやすくできているらしい。
だから、SNSの負の情報を人間はすぐに鵜呑みにしてしまうのだろう。

これからネットが増々進歩する、こういうリスクを考えながら、
どうやって正しい情報を手に入れられるのか?を常に考えて行動しないといけないな。と思った。

おわりに

最近はコロナ慣れしてきた世の中だけど、
こういう時代があったことを忘れちゃいけない。ってことを感じさせられた。

1年以上ぶりのコウノドリだったけど、コウノドリらしさはぶれてなかったので、
久しぶりに懐かしいキャラたちを思い出せて面白かった。

タイトルとURLをコピーしました