東京ストリートコレクション / 30歳のおっさん、人生初ランウェイ(キャットウォーク)を歩くモデルをみる!

この記事は約7分で読めます。

どうも、ファッション素人な隣の鈴木(@next_suzuki)です。

東京ストリートコレクション(Tokyo Street Collection) の感想。

概要

イベント名:“Tank-top Festival in JAPAN” TOUR 2019
日付:2019.5.03(金) 開演:13:00, 閉演:20:30
場所:パシフォコ横浜
客層:10代~30代
男女比:半々くらい

きっかけ

街コンで出会った22歳に誘われた。

  • 若い人の視点を学びたい
  • ファッションショーは未経験。どんなものか見たい。
  • ミオヤマザキが見たい

客層

多くもなく少なくもなく。
20代ばかりかと予想してたけど、
客層は10代~30代が均一くらいにいた。

男女の割合も均等くらい。
前方の柵には女性が多いけど、
後方は男性が多かった。

カップル、友達同士が半々くらい。

VIP席には、モデルさんの友達なのかな?
ステージ上のモデルさんに負けないくらいの、
スタイルの良いお姉さんが多かった(笑)

どこが入り口?

13時に駅集合。
すでに開始している。

看板が少ない。
どこ会場の入り口か、わからなかった。
人の流れについていった。
周りも似たような雰囲気だった。

タイムテーブル

タイムテーブルの表がなかった。

ホームページに載ってないから、
現地に行けばあるかな?と思っいた。

しかし、タイムテーブルの表はなし。

音楽フェスに行きなれている僕としては、
とても不便だった…。

お目当てのアーティストがいつ出るかわからないから、
トイレや御飯にも食べに行きづらかった…。

FLOWを観たかったんだけど、
最後まで出なくて、あれ?出ないの?と思った。
冷静になり、あぁ一番最初か?遅刻したから見れなかったのか?!と気づいた(汗

写真撮影

写真撮影禁止です!みたいに言ってるスタッフはとくにいなかった。

有名人がステージ上に出てきたら、
みんなパシャパシャ撮るんだろうなー。
例え禁止でも撮るんだろうなー。
と勝手に思い込みをしていた。

半分くらいの時間を
ランウェイ(キャットウォーク)の正面側にいた。
写真を撮るには絶好の角度な場所だった。

しかし、写真を撮ってる人が少ない事に驚いた!
私の視界には、ほとんどいなかった!
みんな目の前のモデルさんを肉眼で楽しんでいた。

写真を撮らない観客に、
目の前の世界を真剣にみている観客に、
とても感動した。

僕の中では、
音楽フェスに比べて、
観客はかなりマナー良かったと思います。

ランウェイ(キャットウォーク)

ランウェイ(キャットウォーク)を歩くモデルさんを初めてみた!

プリーツスカートを履いたお姉さんが、
スカートをキレイに動かしていた。
折りひだの動きが、とてもキレイ!
思わず、みとれてしまった。
胸がときめいた。

好きな女性にこんな風に服を着てもらえたら、
とてもステキだろうな。と思えた。

さすがはモデルさん!
こんな風に動きをつけるだけで、
服ってキレイに映るんだな!

と、初めて見るプロの動き?見せ方?に感動。

足立佳奈さん

笑うセールスマンのOP主題歌を歌ったNakamuraEmiに似てる気がした。

菊地亜美さん

歌い終わった人に「「口パク」とか思った」とか、
えっ、それいいの言って?と思うような発言がチラホラあった。

出演者を引き立てるのがナレーションの役の仕事じゃないの?と疑問があった。
引き立てるというよりバッサリ切り落としてたイメージだった。

島谷ひとみさん

白い衣装で登場。
白い服がとても似合っていた。とてもキレイ。
デビュー20周年と言っていて、
45歳くらいかと思ったら、まだ38歳だったんですね。
大人のお姉さんのセクシーホルモンがバリバリでてました!
あでやか!

「亜麻色の髪の乙女」

を聞けてもラッキー!

ドラえもんの映画主題歌を歌っていた。
聴いたことあるような、ないような…(汗
「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」の主題歌らしい。
映画みたから、聞いているはず…。

キャバ嬢さん

キャバ嬢さんセクシーです。
衣装がキラキラしている。
みなさんキレイでした。
30歳のおっさんは、この人たちが一番ときめいたよ(笑)

ファッションショー

有名なモデルさんやユーチューバーさんが歩いていた。
ストリートファッション、ヒルズ族の奥さん、お嬢様女子大生。みたいなファッションばかりで、僕に馴染みのない世界ばかりだった。
彼女が出来て、こんな服を着てくれたら可愛いだろうな。とか、
そんな気持ちでみていた。

hinataさん

TikTokで有名らしい。

12歳とは思えない堂々とした歩き方で
ランウェイ(キャットウォーク)を歩いてた。

貫禄が他と違う。
この日、いろいろな人が歩いていたけど、
一番どうどうと楽しんでいた。

パフォーマンスもコマネチしていて、

大物だ!!

とアラサーのおっさんは度肝を抜かれた。

BOYS AND MEN

名古屋のアイドルグループらしい。
目の前にいた女性が超熱く盛り上がっていた。
辻本達規さんの声が高木渉さんみたいで、
めちゃくちゃ目立つ声だった(笑)

ナゴヤドームでライブもやっていることに驚いた。
す、すごい!

ミオヤマザキ

カッコいい。
今回のお目当て!
来てよかったよー!

パスピエ、MAN WITH A MISSIONみたいに顔が見えないように、
カメラマンが撮影する。

今日は双眼鏡を持っていた、顔が見れた!
想像通りな素敵な顔でした!

華原朋美さん

太っている?!
妊娠してるのか?マタニティードレスかな?
同行者の女性に聞いたら「そういう衣装でしょ。白いから膨張色でそう見えるんだよ。」と言われる。
そうか、、僕の気のせいだよね。
同性の女性が言うんだから、間違いないだろう。

数日後にニュースで発表しましたね!おめでたい!

華原朋美さんは、僕の中では、
デビューからドンドン下り坂なイメージな人だった。

僕は最近の活動を全然知らない。
えっ…?歌えるの…?と疑問な眼差しで観ていた。

歌い始めて、僕の誤りに気付いた。
声が出てる!全然、平気じゃん!

この日の出演者の中で一番だったよ!!

「I’m proud」の最初のところで、鳥肌が立ってしまった。
名曲だ。

「I’m proud」を聴けただけで、東京ストリートコレクションにきて良かった!
と思えた。
約7000円が安い。

色々な活動履歴を少し知っていたので、
ここまで復活している事に感動した。

人は何度でも復活できる!
華原朋美さんの完璧な歌唱に、
僕は勇気をもらった。

ちなみに同行者の22歳は、華原朋美さんの過去を知らないので、
僕がどうして感動しているか謎な様子だった(笑)

後ろの会話

同行者と8歳差なだけあって、さっぱり会話が合わない。
島谷ひとみもピーンと来てない。

エバンゲリオンのBGMを聞いても「有名なやつだよね…。(何の曲だろ…)」みたいな感じだった。
むしろ、私の後ろに立っていた35歳前後の4人グループの会話のほうが共感できた(笑)
お姉さんがイケメンをみて「目の保養!若いエネルギーもらわないと!」と言っていた。

僕はそんなセリフのほうが共感できる年齢になってしまった(笑)
何度、後ろのグループに混ぜてください!と言おうと思ったか…!!

東京ストリートコレクション

イベントに関しては、もう少しアレンジ?特色?を強調したほうがいいのでは?と思った。
ホームページの印象と全然違った。
もっと色々なことをやるのか?と思ったら、
ファッションショーとライブの融合なだけだった。

  • MC
  • 有名なモデルやユーチューバーが歩く
  • アーティストによるライブ

の繰り返しだった。

もう少し何か捻ったほうがいいんじゃない?と思った。
有名なユーチューバーが出るけど、
ただキレイなブランド服を着て歩いてるだけで、
どうして有名なのか?がサッパリわからなかった…(笑)

「SDGs」とか少し取り上げていたけど、
何も説明なくて、SDGsが何なのかもわからなかった。
もっと強調したほうがいいんじゃない?と思った。
正直、来年も行きたいか?と言われたら、微妙。
音楽好きとしては、ライブを観に行ったほうがイイ。
ファッションが好きなら、普通のファッションショーを観に行ったほうがイイ。

おわりに

今までみたことないジャンルのイベントに行けた。
知らない世界を観れて良かった。

ユーチューバーが歩いてきて、若い子たちが喜びの声をあげていた。
「えっ、このカッコウの子にそんな感動しちゃうの?!」と目が点になることが、何度もあった。
そういうギャップを感じれて、現在の僕の年齢を自覚することができた。

良い意味で現実を知れた。
若い世代の刺激をもらえた。
良い体験だった。
この場所に連れてきてくれた知人に感謝する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました