進撃の巨人展FINAL -感想レポ- コスプレ係員さんが可愛い

進撃の巨人展FINAL, 進撃の巨人, 森アーツセンターギャラリーイベント
この記事は約5分で読めます。

どうも、残虐な作品が好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

「進撃の巨人展FINAL」前編 に行ってきた!

行った理由

絵を観ることが好き。

「進撃の巨人」にハマっている。
物語はラストスパートに向かっている最中。

何か最終話に繋がるネタバレ?伏線?がないか?
そんな期待を込めて行ってきた。

概要

漫画展の詳細

イベント名進撃の巨人展FINAL
場所森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
最寄り駅六本木
待ち時間なし
所要時間約50分
チケット代2,000円

※待ち時間と所要時間は、僕の経験談です。

客層

主に10代,20代。
30代は1割くらい。

40代以上は1割未満。
子供の付き添いが多い。

7,8割は、
友達、家族、カップルだった。

前売りチケット

買ったが失敗だった。
手数料を損した(約200円)。

前売りチケットは手数料込で 2,224円
当日チケットは2000円だった。

前売り券を買っても、
結局、当日にチケット売り場に並ぶ必要があるので、
メリットなし!!

グッズ付き前売りチケットを購入する場合は、
話しは別だけどね!

待ち時間

チケットは5分未満で買えた。
約5分以内に入場できた。

混雑状況

普通。
空いてもない、そこまで混んでもない。

最初の 【オープンニングシアター「人生の選択」】 も1回分くらい待つのみ。
5分以内には入れた。

所要時間

開始13:35
終了14:25

早めなペースで見て、
約50分かかった。

感想

漫画展の感想について書き残す。

以下、
注意:ネタバレ込み!!

みどころ

個人的にワクワクしたポイントは4つ。

  • 諫山創さんのコメント
  • 1分の1ジオラマシアター
  • 音声展示「最後の風景」
  • 諫山創さんへのインタビュー「物語を創ったもの」

コスプレ

入口の女性係員さんがコスプレをしている。

兵団のコスプレだ。
とてもカワイイ(笑)!!

ぴっちりした服装で、
ムチムチしていてセクシーだ。

3次元な「進撃の巨人」の世界を
さっそく味わえた。

オープンニングシアター

最初はムービー。

以前、「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO-ナルト-展」を同じ場所でみたが、
その時も同じ流れだった。

六本木の漫画展は、すべてこの流れなのかな?

人生の選択

ムービー後に、
進むルート(人生)を選択する。

絵は一方のルートしか見れない。

いったいどんなルートがあるんだ? とワクワクしていた。

ムービー後にルートが表示される。

  • 壁の外
  • 壁の中

なるほど…!!
物語的にそれしかないよな(笑)

壁の中

迷った末に壁の中を選んだ。

選んだ理由は、
最初は壁の中から始まったからね!

進撃の巨人 = 壁に覆われた世界

のイメージが強い。

マーレ編より前の絵が飾れていた。

マガジン系の漫画展は初めて行ってきた。
紙の左上に「少年マガジン特製漫画原稿用紙」と書いてあった。
こんな特別な紙があることに驚きだった。

諫山創さんのコメント

エリア【原画の世界3「英雄たち」】で、
各キャラクターの絵に、作者である諫山創さんのコメントが書かれていた。

コメントから、
作者のキャラやシーンに対する思い入れなどの感情が伝わってきた。

1分の1ジオラマシアター

20m超の超大型スクリーンのエリア。
スクリーンの大きさに圧倒される。

ムービーが2つ流される。
合わせて約10分くらい。

ぶっちゃけると、
原作シーンの動画向けに切り貼りしているだけだ。

超大型スクリーン空間のおかげで、
とても迫力あるシーンに見える。

後半のムービーは圧巻。
25巻 ヴィリー・タイバーの演説から始まる。
マーレーの戦士と戦うシーン。

進撃の巨人 VS 戦鎚の巨人

原作で大好きなシーン。
アニメ版を一足早く見れたような気分だった。

音声展示「最後の風景」

最終話を「音」だけで表現したエリア。

意外とザワザワしていて、驚いた。

テレビ番組「情熱大陸」で映されたラストシーンの下書き とは、
ほど遠い音だった。
もっと静かな音をイメージしていた。

ネーム&インタビュー「物語を創ったもの」

部屋一面にネームが貼られていた。

こういう雰囲気の部屋は大好きだ。

部屋の一角にモニターがあり、
諫山創さんのインタビューが流れている。

初めて作者が喋っているシーンを見た。
(情熱大陸はちゃんと見てません!(笑))

指輪をしていた。既婚者なのね。

インタビューの内容よりも、
動画に映った

北海道土産の「木彫りの熊(四つんばいになったヒグマが鮭をくわえているもの)」に模した、
巨人が鮭をくわえているオブジェが気になってしょうがなかった…。

少しだけ、欲しいな!と思っちゃった。
グッズで売ってくれたら良かったのに!(笑)

ネームのコピー

出口でネームのコピーがもらえます。

絵は曜日で違うようです。

紙のサイズはB4でした。
折りたくない人は大きめのクリアファイルを持っていくことをオススメする。

おわりに

たくさんの原画をみれて大満足!

ネームをみるのは、とても楽しい。

「FINAL」という割には、そこまで終わりを感じない内容だった。
まだ原作が続いている最中だから、実感がないのかも。

TVアニメ「進撃の巨人」The Final Seasonが、
NHK総合にて2020年秋 放送予定 らしい。

つまり2020年中には終わる。ってことだよね。
もうすぐ終わりなのか…。と考えると、
いろんな感情がこみあげてくる。
最後まで楽しみたい。

後半もあるようなので、時間を作ってみてこよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました