コウノドリ 28巻 -感想- 証拠保全、発動!!

コウノドリ, 28巻漫画
この記事は約2分で読めます。

どうも、独身アラサー男こと隣の鈴木(@next_suzuki)です。

コウノドリ 28巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!

あらすじ

2話収録されている。

  • 医療安全管理<後編>
  • 医者と助産師

読んだ理由

1巻の発売当初から読み続けているから。

あらすじ

医療安全管理<前編>の続き。

前巻(27巻)はとても緊張感がある内容。

感想

そんなに面白くなかった。
前巻の盛り上げに反して、地味な気がした。

医療安全管理

オチは地味だった。
もっとドロドロしたドラマチックな争いが続くのかと思った。

医療現場の起訴について、
読書に伝えたかったのかな?

証拠保全決定書とかね。
素人は知らないもんね。
訴える人に向けて書いたのかな。

鴻鳥先生が珍しく落ち込んでいた。
叱咤する四宮先生。

そんなドラマ仕立てな、
病院の屋上シーンが描きたかったのかな?

弁護士さん登場

弁護士の仲川さんが登場。

髪型がオカッパ!!
この弁護士さんはヤバイ人間かも?!みたいな雰囲気が、
読書にヒシヒシと伝わってくる。

そんな雰囲気とは裏腹に、
常識の範囲内の人だった。

ヤバイ雰囲気を持たせたのは、
そういう弁護士もいるんだよ!!
という注意喚起のためなのかな?

医者と助産師

ゴロー先生の成長物語。

ネタ切れな感じがした(笑)

僕はお酒は嫌いなので、
お酒が好きな夫婦の気持ちに共感できなかった。

お酒を夫婦で飲むのは、
夫婦の良好な関係を築く上で良い。
とか、メンタリストDaigoさんの動画で言ってたから、
良いらしいけどね。

おわりに

ピアノが弾けない鴻鳥先生は珍しかった!!

またネタ切れな気がする…。

次巻をのんびり待ちます。

タイトルとURLをコピーしました