宇宙兄弟 37巻 -感想- 父ちゃんの言葉

宇宙兄弟, 37巻, 感想漫画
この記事は約3分で読めます。

どうも、宇宙兄弟みたいなアラサーな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

宇宙兄弟 37巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!

あらすじ

ジョーカーズが帰還する。

ロッキー

運動するムッタとフィリップ。

ブギーに「ロッキーのテーマ」をお願いしたら、

ブギーが「エイドリアーン!」と叫びだして、超笑った。
ロッキーの最後でエイドリアンの名前を叫ぶのは、名シーンだよね!!

弟が来る

弟の日々人が宇宙に来る。と知って、やる気を出すムッタ。

この漫画に書いてあった通り、
人間は誰かに勇気をもらうのだ。

僕も弟がいる。
うまく説明できないけど、ムッタのような気持ちは、なんとなくわかる。
弟の前ではシッカリしなければ!みたいな気持ちは、30歳を越えてもあるもんだ。

高倉レオン

ムッタと日々人の幼少時代の話し。

高倉レオンのネタに笑った。
てか、いくらなんでも自分の父親だと、
核心を持って気づけよ(笑

漫画だから本当におじさんかと思ったじゃないか!!

髪の毛を染めてるから、騙されたわ!!

優しさとは

僕は弟との二人兄弟なので、

ムッタの
「俺たち二人でなんかを成し遂げたい」って言葉も良かった。

僕は「成し遂げたい」って考えたことはなかったなー。
それよりも「兄とは常に弟の先を行ってなければならない。それが兄としての務め」の気持ちのほうが強かったなー。
弟に任せるんじゃなくて、兄なんだから僕が先に動かないと!って気持ちが強かった。

それ以上に、

父ちゃんの

「優しさに気づくのも、また優しさ」

に考えさせられた。

父ちゃんの発言の中で一番の名言ではないか!!

そうかもしれない…。
他人の優しさに気づけない人間はいる。
小さい頃はわからなかったけど、
大人になると、結構な割合でいることに驚く。

今巻で一番の名言だったね!!

タピオカ

まさかのタピオカネタに笑ってしまった。

タピオカブームは弱くなってきたね。
新宿のタピオカ屋にあった行列がなくなってきたよ。

帰還

ジョーカーズの帰還。

パラーシュートのシーンはドキドキ!!
無事に帰れた。

カルロがイケメンすぎる!!
ペティのドキドキが読者にも伝わってくる!!

タイガーチーム

久しぶりにケンヂと新田が登場。
次巻はこの二人がメインかな?

おわりに

主要キャラたちが続々と帰還する。
これで残すはムッタとフィリップの帰還。

はたしてどうなる…?!

タイトルとURLをコピーしました