ちはやふる 18巻 -感想- 積もっていくことの大切さ

この記事は約5分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 18巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

富士崎高校の合宿が終わって吉野会大会がはじまるよ!!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

※49巻で完結かと想いきや、2022年4月に完結は50巻と発表されました(苦笑)

この記事の注意点

この記事の感想は48巻までも含めて書いています。
よって、48巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

カナちゃんの配慮

千早ちゃんと真島部長をくっつけるために、
富士崎高校の合宿へ送り出したカナちゃん。

しかし、その作戦は見事に失敗する。
むしろ、バチバチの関係!!

あとカナちゃんが翠北かるた会で帰った発言で露骨にわかりますが、
肉まんくんはカナちゃん狙いですね!!w
しかし、この夢はすぐに低確率とわかるわけですが(笑)

かるたバカ

理音ちゃんが千早ちゃんのかるたバカにドン引き。

僕も高校時代は熱血バカなタイプではなかったので、理音ちゃんの気持ちのほうがとてもわかる。
自分の熱意を他人にまで押し付けるな!!って気持ちは、すごいわかる。

桜沢先生も、千早ちゃんのかるたバカに圧倒されている。
表現が「いつも温泉」と例えていて笑ってしまった。うまい例えだ。

姿勢

桜沢先生が千早ちゃんにアドバイス。
このアドバイスのおかげで理音ちゃんはムキになりますね。
この18巻は能面の理音ちゃんがとても崩れますね。

「姿勢」は、ちはやふるでたびたび挙げられます。
でも、このシーンが最後だったかな?!
それだけ姿勢は何事にも大切だ。と改めて学ばさせてくれます。

変われること

桜沢先生が、千早ちゃんと戦って変化する理音ちゃんに、

「変われる」ことは財産よ

引用:ちはやふる 18巻 第94首

と言いますが、良い言葉だと思う。

30歳を越えた僕ですが、どんどん頭が固くなり視野が狭くなります。
それは経験によるものなので、良いときもあります。
だけど、今は新しい物事が溢れて変化のスピードが激しい時代なので、
これが欠点になることが多い気がする。

年齢を重ねると「変わる」ことが今までの自分を否定しているような気になって、
どうも一歩踏み出すのがどんどん強くなっていく。

だから、歳を重ねたからこそ、
新しい意見を取り入れて自分を「変われる」っていう能力は大切な気がした。
そんなわけで良い言葉な気がした。

新の変化

稀に出てくるキャラ由宇ちゃん。
かるた部を作ろうとする新に、
「やりたい人だけやればいいってタイプ」と評価していて、
なんて適切な解説な言葉なんだ。と関心してしまった。

本当にこういうチームだったよね。

でも、新がチームを作りたい動機が、
千早ちゃんのチームと戦いたいから。って理由に、
千早ちゃんと新は思考が本当に同じなんだな。と感じた。

千早ちゃんは新ともっと繋がりたいから、かるたを強くなろうと頑張っている面もある。
新も似た思考である。

千早ちゃんから新に視点が変わっただけだね。
本当にお互いはかるたバカで、かるたを通してしか実らない恋愛漫画である!!

福井のかるた

かるたは福井は盛んと書いてあるけど、
本当に盛んなのだろうか…?!
福井に知り合いがいないけど、本当かな…?!w

積もっていく

かなちゃんが千早ちゃんに運を積む話をしますね。

この話はかなり僕の中でも印象的で覚えている。
この巻は名言ぽいのが多いな。

まあ、こんなのはゲン担ぎであるわけだど、
生きる上では大切な話だ。
こういう考えがあるから、世の中は荒れずに秩序が保たれているわけである。
ちはやふるは、こういう道徳的な話もあるから好きです。

千早ちゃんの夢

担任のセリフで将来の夢が決まった千早ちゃん。
本当にかるたバカである。

自分の受け売りを繋いでいくために教師を歩む!
でも、それは合宿で桜沢先生をみたからなんだろうね。

「生みの苦しみを知りなさい」は、
著者から読者へのメッセージなのかな?!

私はこんなに苦しんで、漫画を書いているんだ!!!
それを少しでも知ってほしい!!と願いなのかな?!

机くんとかなちゃん

机くんが負けて顔を叩くシーン。
かなちゃんが止める。

もうここで二人の関係は確定したよね。
肉まんくんに立ち入るスキなし!!!

良いシーンである。
ちはやふるの5本指に入るくらいのキュンキュンシーンではないだろうか。

個人戦は団体戦

過去に扱われたネタ。
これが本当の意味で紹介されます。

猪熊さん

のちに千早ちゃんのサポート役にまわる猪熊さん。
元4回クイーンの設定に驚きwwwww

アニメだと坂本真綾さんの声(FF7のエアリスとかの人)だったのが印象的。

桜沢先生をクイーンにさせなかった、天才肌!!
強いやつはみんな天然!!
それがちはやふる女キャラの共通設定ですw

太一の八つ当たり

くじ運が強い太一。珍しい。もはや気持ち悪いレベル。
絶好調かと思いきや、新に会って乱れる。

最初はかるたを通して打ち解けた。と思ったら、
嫌味を言ってるしwww
壁まで叩いてしまう、高校生っぷり!!!

たまにメンタル乱れる太一さんが人間らしさがあって、僕は大好きです

音のしないかるた

千早ちゃんが更に強くなります!!
次なる次元へ!!

おまけ

7割が菫ちゃんで保たれている。というメタ発言に爆笑。
そんな菫ちゃんさえ、かるた脳になってしまった18巻…。

いやあー、恋愛要素がないことを作者さま、意図して描いてますね?!www

おわりに

今更思ったけど、
千早ちゃんの即寝はリアルにいたら、
まじで病気だと思うwwww

続きを読んだはずなのに、あまり覚えていない。
たしか勝ったはず…?
来週も続きを読む!

タイトルとURLをコピーしました