ONE PIECE FILM RED -感想- ゴチャゴチャしてるけどウタは好印象

この記事は約8分で読めます。

どうも、ワンピース世代な好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ONE PIECE FILM RED の感想。

ただの感想である。考察ではない!
ネタバレ込み!!

概要

映画の概要など。

あらすじ

麦わら海賊団は人気歌手・ウタのライブに参加するよ。

観た理由

尾田栄一郎さん監修の映画は、全部観ている。
映画はたまに良作の時があるので、今回も観に行ってみた。

ちなみに僕はワンピースは好きではない(笑)
世の中はワンピース好きが大衆派のようなので、
ワンピース好きはこのサイトから離脱したほうが良いかもしれません(苦笑)

僕の知識

週刊少年ジャンプまで読んでいる。アニメは魚人島編まで観た。
そんなわけでコミック派の人も、このサイトから離脱したほうが良いかもしれません(苦笑)

観る前のイメージ

シャンクスの娘が登場する?!
えっ、シャンクスに娘がいたの…?!
もうー、最近はゴムゴムの実がゴムゴムの実じゃなかった。とか、
小学校時代から僕は30歳を超えるまでの、人生の半分以上を作者に嘘つかれていて、ゲンナリしていたのに、
今度はシャンクスに子供だと?!
別に今まで「子供はいない」とは書かれてなかったけどさ…。
後付もいい加減にしてくださいよー?!苦笑

でも、後付が面白い漫画だし、
映画も観てみるかー。入場者特典の漫画もゲットしたいし!!
ギア5は登場するのか?

ウタの存在はゲンナリだけど、
「ONE PIECE FILM Z」のように映画は面白いことがあるから、観に行ってみた。

客層

朝の9時前。
子供から大人、カップルまで、幅広いね。

感想

好き勝手に感想を書く。

観た後の感想

「ONE PIECE STAMPEDE」よりは良いけど、「ONE PIECE FILM Z」よりはツマラナイ。
もう原作も同様だけど、キャラが多すぎて戦闘シーンはまとまりがない。

ウタは予想外で良かった。

泣けるシーンもあったけど、泣ける理由がストーリーのおかげなのか、
昔から知っているキャラだから思い出補正で泣けているのか、よくわからない(苦笑)

ラストボスとの戦闘シーンは「魔法少女まどか☆マギカ」みたいだった。
ネットで意見をみると「マクロスF」と溢れてたけど、僕はマクロスみたことないからわからない。

ミュージカルぽい

ところどころウタが歌を歌う。
僕は音楽が好きなので、こういう演出は好きである。
思わず身体が動いてしまった。

ところどころ歌があるせいか、
バトルモノの映画というよりも、ミュージカル映画ぽく思えてしまった。
尾田栄一郎さんは、歌舞伎の次はミュージカル化を狙っている?!笑

まあ、僕はミュージカルの定義をちゃんと知らないので、ミュージカル映画とは違うのかもしれないけどね…。

ウタ

シャンクスの娘さん。

観たら、観る前と全然イメージが違う。

想像と違っていた点

  • 本作の敵
  • 最後に死ぬ
  • シャンクスの本当の娘じゃない

良い意味で裏切られた。

本作の敵

序盤から、
ルフィと知り合いだったり、シャンクスの娘。とバラされていて、
急ピッチな展開だった。

この後に敵が出てくるのかな?!とおもったら、
敵はまさかの敵がウタだった。

これだけ宣伝していたキャラが、まさかの敵?!
映画を観る前にちゃんとリサーチしていなかったので、
もしかしたら、そういう風に事前に紹介されていたのかもしれないけど、
僕は知らなかった。

正直、ウタの情報は「うわー、なにがシャンクスの娘だよ、こういう後付いらないから(苦笑)」と毛嫌いして、
ちゃんと読まなかったw
そんなわけでウタのデザインしか知らなかった。
まあ、そんな毛嫌いが良い結果を生んだ。

僕の予想のウタは、
アニメ映画にありがちな、
最近話題の人を声優などに当てて、
ちょっとだけ登場してルフィたちを少しだけ手助けして、敵を倒す。

みたいなキャラだと思っていた。

歌もアーティストのAdoさんを当てたのは、
どうせ人気だからでしょ。と軽くみていた。

Adoさんの歌も良かった。
僕は「Mrs. GREEN APPLE」が好きなので「私は最強」とか、とても楽しめた。

どうしてAdoさんなんだろう?!人気だからなのかな?と思っていたんだけど、
作品が進んでいく中で、Adoさんに納得した。

ウタが闇落ちして思った。
あぁこれは清純派みたいなアーティストだったらダメだったなあ…。
「うっせぇわ」とか、下品な言葉で、どちらかといえばダークな印象があるAdoさんだから選ばれたんだ。と思った。
まあ、これは「うっせぇわ」しかAdoさんのことを知らない僕だから、そう思っただけかもしれない。
今のAdoさんの世間のイメージがわからないので、世間はどう思ったんだろうw?!

ただ、これが清楚なイメージで売り出している女性ソロシンガーだったら、この役はちょっと不味かったと思う。
それがAdoさんなのでピッタリな印象だった。僕の中でAdoさんの印象が良い意味で上がった。

最後に死ぬ

この映画の高ポイントの1つ。
僕はハッピーエンド嫌いないので、こういうオチのほうが良い。

麻薬みたいなの飲んで、自分の目的を叶えようとして、最後は死ぬ。
良いじゃないですか、助けられて、最後は生きてる!なんて都合が良い話は僕は好きではない。

最後にシャンクスの上で亡くなるのも良い。
亡くなったあとに、父親たちのシャンクスの船に運ばれていく演出も良い。

シャンクスの娘じゃない

終盤で明かされるけど、ウタはシャンクスと血の繋がった子供ではなかった。
これも良い裏切り。この後付なら納得だぜー!とアンチ派な僕も反論できなかった。

ジャンプの他漫画で下記のセリフがあります。

血の繋がりなんて関係ない、想いさえあればそれが本物だ!

ウタは血の繋がりはなかったけど、シャンクスにとっては本当に娘だったね。
ロジャー船長に拾われた自分と重ねて、育ててるシーンが泣けてきますね。
あの数シーンだけで、シャンクスがウタを育てた理由が納得です。

ぶっちゃけ、いつもなら本当にシャンクスの娘なんてことある?!と疑うんだけど、
ゴムゴムの実がゾオン系だった騒動で、尾田栄一郎さんならやりそうな気がして、まったく疑ってなかった(苦笑

ウタウタの実

ワンピースは真剣に観ていると、損。エネルギーの無駄使い。というイメージなので、
映画も何も考えずに何も疑わずに観ていた。

ウタの「私は最強」の部分で、
いろいろな海賊団たちを物理的な法則を無視して倒していて、
なんだこのキャラは!?空も飛んでたり強いじゃん?!なんか星とか色々作り出しているし。
もう、映画だから何でもアリなんだな?!笑
まあ、もういいわ。とりあえず強いキャラなのはよくわかった。
流石はシャンクスの娘ってことですよねwwwwwwwww

と思っていたら、違った。

ウタウタの実の能力で、みんな幻術をみせられているらしい。
なんだこの最強のキャラは?!
作中で一人だけ幻術使いとか「金色のガッシュ!!」に出てくるキャンチョメかよ?!と、
ワンピース世代の僕は思ってしまった。

まあ強いけど、最後は死んだから良かった。
こんな強さ、映画限定な強さだよ。
こんな能力が漫画にいたら、漫画の世界観壊れるよw

声優さん

ゴードンの声が、津田健次郎さんなんだけど、
なんかイメージと合ってない気がした。
イケボの使い方がもったいないよ??

黄猿の声も、石塚運昇から変わっていて、好きな声優さんだったから、ちょっと残念。
まあ歴史が長いアニメだからしょうがないよね。

ゴール・D・ロジャーの声も変わってるし、漫画のペースを考えるとシャンクスの声とか変わることも全然考えられなくはない…。

トットムジカ

ウタが召喚?したボスキャラ。

戦闘シーンが、みんなで戦うからゴチャゴチャでわからない。
しかも、現実と夢の2つの次元があるから、
シーンがコロコロと変わって、いつもより2倍ゴチャゴチャでよくわからない。

ボスキャラが、
魔法少女まどか☆マギカの敵みたいな感じだった。

戦闘シーンの高速切り替えに必死に追いつこうとしたけど、
途中で疲れてきてしまった。

ギア5

103巻で登場したらしいギア5。(コミックは読んでないから知らない)
作中で出すのかな?!と思ったけど、本当に一瞬だけ出たね。

もう戦闘シーン追うのに疲れたー。と、
ぼっーとしてたら、なんかギア5ぽいフォルムのルフィになって、トットムジカの魔王を倒していた。

上映時期が103巻の後なのも、こういう理由なのかなー。と思った。
1発だけじゃんくて、映像でギア5の戦闘みたかったんだけどなー。
シャンクスの目玉が映画のスクリーンで飛び出たら、それはそれで衝撃だよなwwww

池田秀一さんが最強

シャンクスが覇気を放つと帰る海軍。

なんか先週のジャンプ本誌もこんな感じだったよな?!
海軍の大将は、みんなシャンクスの覇気で帰っていく?!
もはやコントにしか見えないwwwwwwww

なんかシャンクスが最強じゃなくて、
シャンクスの声をやっている池田秀一さんが最強な気がしてきた。
名探偵コナンの赤井秀一も似たような頭おかしい強さだし。
ガンダムのシャアも化け物だしwww

ウソップとヤソップ

原作じゃからみがない二人だけど、
映画でやっとからみがあったね。

ここは初期から漫画読んでいる世代には、
ウルっとポイントだったんじゃない?!

映画のエンディングの映像で、久しぶりに身体の弱いお嬢様キャラがいたことを思い出したはw

後半こういう思い出補正に訴えかける演出が多くて、
ちょっと泣けたよね。

これがワンピースを観ていない人や、初期を知らない若い子どもたちに、どう響くのかは謎である。

おわりに

全体的にはゴチャゴチャしているんだけど、
Adoやシャンクスなど、ピンポイント的な部分は面白かった。

そのうち
初期みたいに登場人物が少ない映画作ってくれないかなー?!(笑)

タイトルとURLをコピーしました