金色のガッシュ!! 完全版 2巻 -感想- 「やさしい王様」への決意

金色のガッシュ!! 完全版 2漫画
この記事は約2分で読めます。

どうも、大人になれない隣の鈴木(@next_suzuki)です。

金色のガッシュ!! 完全版 2巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!

読んだ理由

前巻の続き。毎月1冊は読みたい。

技が増えるペース

技が増えるペースは非常にゆっくり。

と思っていたが違った。

すぐに第三の技まで出てビックリ。

ガッシュの肉体

ガッシュベルが思いのほかタフでビックリする。
色々な技を素の肉体で耐えている。
兄ちゃんは超強いもんな…(笑)
やっぱし家系なのか?!

本を取られる

相手に本を取られたのでビックリした。
こんな負けもあったんだなー。

キャンチョメ

やっとメインキャラのキャンチョメが登場。
爆笑しかない。

キャンチョメがのちに作中の最強キャラになるとは、
誰が予想できたであろうか…(笑)

高嶺清麿の変化

ガッシュの成長にも驚きだが、
高嶺清麿の変化も良い。

この漫画の魅力の一つだ。

30人中の5人

残りの魔物が70人になった。

30人中5人はガッシュベルが倒している事に驚きだ。

それだけ鴨られようとしている…?!
そして、5人の敵は、ミイラとりがミイラになった…。

ティオ

やっとティオが登場した。
案外、短いストーリーだった。
あとはウマゴンだけかな…?

やさしい王様

この巻でストーリーの主軸となる
「やさしい王様」への決意が出た。

ガッシュが倒す敵と倒さない敵の基準が、
ここで明確になる。

これが王道少年漫画の始まりなのだ。

おわりに

熱い部分も良いが、笑もある。
それがこの漫画の良い処だ。

高橋留美子さんの作品もラブばかりじゃなくて、
笑いのコメディー要素があるから面白い。

それと同じでこの漫画にも笑いがある。

勇気と笑い。
落ち込んだ時に最高の漫画だ。
ガッシュのように胸を張っていきたい。

この本は勇気をくれるステキな漫画だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました