ちはやふる 28巻 -感想- 高校3年生最後の夏がはじまった

ちはやふる, 28巻, 漫画, 感想漫画
この記事は約4分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 28巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

高校3年生最後の高校選手権が開始する。
千早ちゃんが部を離れている間に変化する。

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

※49巻で完結かと想いきや、完結は2022年12月13日発売予定の50巻となっております。

この記事の注意点

この記事の感想は49巻までも含めて書いています。
よって、49巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

太一が好きなこと

原田先生やヒロシさんに、
太一が千早ちゃんを好きなことがバレバレで笑った。

みんな太一がフラれた?とスグに言い当てていて笑える。
まあ、一緒に部を作ってる時点でみんな気づくよなーw

原田先生が太一をカラオケに誘ったのか気になるw

詩暢ちゃん

おばあちゃんのセリフが嫌。
まじこの漫画は京女の印象を下げまくっている気がするw

詩暢ちゃんがバイト断られるときの、電話に出る格好が可愛いw
かるたのクイーンだけが自信だったのに、それがどんどん剥がされていく姿が切ない。

ヒョロ君

太一に対して根性がねえやつだ!と言っていて、
くっそ笑った。正論すぎる。
ヒョロ君は太一とB級を争った仲だから言って良いはずw

A級の1年生が3人もいて恐ろしい。北央軍団。

千早ちゃん復活

高校選手権の予選に参加する千早ちゃん。
まあ試合に出れないのは当たり前だよね。

感動したけど、出さないカナちゃんは流石である。
情や強さよりも、ルールを尊重するキャラが強くでてるね。

まあ組織を運営する上では重要なことだよね。

田丸さん

ウザいけど、28巻で落とされてるね。
褒められたいからカルタをやっているとは。
なるほどね。

褒める=認めてもらえる。だからね。

褒めるのは良い。と改めて学んだよ。
歪んだ性格になる理由がわかった。

のちに肉まんくんに好意がある描写がでてくるわけだけど、
28巻で田丸さんをしっかりと肉まん君が褒めたから印象が良いんだね。

机君

部員がドン引きする名言を放っていたねw

かるたではなく、人間としてのアドバイスだった。
スケールが違うぜ。

僕も簡単に人にのせられるので、
のせられない人間になれるように頑張ろう。

かなちゃんのまつげが4本になったことも気づいているし、
もう千早ちゃんも肉まんくんも気づいたから、
かなちゃんと机くんの仲は公認だね。

肉まんくん

創部メンバーの他4人は変化していく、
それを目の当たりにして、自分はかるたで変わることを選ぶ。

姉やヒョロ君に言われても、強くなるため。といって強くなろうとするのは、
肉まんくんの決意だね。
ほうめい高校に負けちゃうところは、肉まんくんらしいけどねw

方向が決まった瑞沢かるた部

須藤さんに方向性が定まっていない。と言われたけど、
千早ちゃんのワガママ発言で、方向性が定まる。

太一の穴はでかいけど、
ホウメイ高校に負けたことで、
千早ちゃんがしっかりして息を吹き替えしたね!

おまけ

作中では、太一がいなくても瑞沢かるた部だ。みたいに描いてますけど、
読者の僕としては、やっぱし太一がいないと物足りないね。

28巻は太一が一度も描かれなかった。
ヒョロ君のメールは太一に届くのか…?
思い出せないから、また来週に続きを読もうと思う。

タイトルとURLをコピーしました