ちはやふる 50巻 -感想- 最終巻、戦いと3人の恋の行方はどうなった?!

ちはやふる, 50巻, 漫画, 感想漫画
この記事は約8分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 50巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

最終巻。名人戦・クイーン戦も物語もついにクライマックス!!
戦いの行方は、3人の恋の行方は?!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
やっと終りを迎える!!

最終巻を楽しむために、今年の2月から1巻から時間をかけて読み返した!!
いつもは、前回のストーリー思い出せなくてサッパリww?!なレビューだったけど、
今回はそういうのなしで楽しく読む!!

ちゃんとサイン本も購入した!!準備は万端!!

感想

好き勝手に感想を書く。

読み終わった感想

今まで色濃い戦いを繰り広げていたせいか、
名人戦・クイーン戦後が描かれた50巻は、サッパリ?!浅い?!ような印象だった。

勝ったあとの後日談が転々と描かれていくわけだけど、
キャラが多すぎて、いろいろなキャラとの会話があって、その各シーンが短すぎて、
短いせいなのか、なんか刺さるような言葉やシーンはなかったかな。

あー、終わってよかったなー。って感じだった。

新名人・クイーン

僕としては片方が負けるのかな?!と思ってた。
だけど、新も千早ちゃんも勝ったので、ちょっとびっくりだった。

まあ、ストーリーを捻くれずに考えれば、
二人とも勝つのが順当だよね。

太一が新に、来年は挑戦する!!とつなげるのも、
ストーリーとしては順当な繋げ方だよなあ。

とくに意外な進展もなく、
順当に収まったストーリーだな。って感じだった。

周防名人の繋がり

新と戦って、周防名人が変わったのが良かったね。
かるたを嫌っていた人間が、また新とかるたを取りたがったのは印象的だね。

あと実家に帰らない理由が良かった。
からっぽな自分が病気で空っぽじゃない。って気づいたことも驚きだったね。
でも、血の繋がりのおかげで、なんか孤独じゃない。って思えることってあるよね。
だけど、兼子ちゃんに遺伝を伝えてショックを与えたくなかった。という周防名人の優しさも、なんか良かった。

詩暢ちゃんの祖母

クイーンを奪われた詩暢ちゃん。
悔しくて泣くシーンが良いね。
負けたからこそ、得ることができた感情だよね。

詩暢ちゃんの祖母は、
詩暢ちゃんを政治のコマとして扱っているのか、イマイチわからない部分があったけど、
今回の本の話しで、やっと詩暢ちゃんのことを思っていたんだ。と読者側もわかったね。
詩暢ちゃんは最初から、祖母が認めてくれていることを知ってたんだね。

詩暢ちゃんの祖母が「パトロン」と表現していて笑ってしまった。
現代は詩暢ちゃんの祖母のような、孫のパトロンが世の中にはウジャウジャいる気がするw
日本の資産の半分以上は高齢者だからね。
現代を表現する面白い言葉だった。

勝ったかわかってない千早ちゃん

肉まんくんのウソを信じていて笑った。
いくら天然キャラだからって、最後の勝利くらい自分でわかっててよwww

僕はてっきり勘違いしていたんだけど、
千早ちゃんにとっての核はお姉ちゃんだったんだね。
たしかにいつまでも素直に応援しない姉がいたけど、
僕はなんて妹思いじゃない冷たい姉なんだ!!くたばれ!!!と思っていたんだけど、
妹目線でみれば、たしかに認めてもらいたい相手だよな。

クイーンが決まって、感動が薄いな。と思ったけど、
まさか姉妹ネタで感動を誘ってくるとは思わなかった。
これは予想外だった。姉妹フェチな僕としては良いシーンだったね。

千早ちゃんの表情が今までで一番優しい線だったね。

太一の宣言

性格が悪い太一は、新と千早ちゃんをお似合いすぎ!と羨んでいて、笑った。
それでも二人に会ったら、新に戦いを挑む姿はいいね。
3人のうちで仲間外れかと思ったけど、そんなことは感じさせない終わり方だった。

ハイタッチ

新と千早ちゃんが太一の発言に喜んでハイタッチしていた。

僕はスラムダンクの名シーンを連想してしまったw

作者様がスラムダンクネタで過去にやらかしたこともあるし、
つい最近にスラムダンクが映画化されて放映中なのも関係ある気がする。

よくスラムダンクネタでいじられる作者様ですが、
僕はその汚名を晴らすくらいの立派な功績をこの漫画「ちはやふる」で成し遂げたと思います。
人生の途中で失敗しても、漫画を50巻も書き続ける努力を積み重ねれば成功できるんだ。と、勇気をもらいました。

誤解を生まないために、念のために書くけど、
ハイタッチのシーンですが、構図とか全然違うのでパクリとかではありません。
ただハイタッチ&クライマックスのシーンだったので、僕の脳内で連想されただけです。僕のこじつけです。

少女漫画の行方

何度も何度もこのブロクで書いてきたけど、
「ちはやふる」はスポ根漫画ではない!!少女漫画である!!!

少女漫画だから恋の行方が重要である。クイーン位の取得は、おまけである!!(ぇ
千早ちゃん、新、太一の恋の行方は?!
一度振られた太一は絶望的?!
千早ちゃんと新はお互いに日本一でお似合いか?!
などなど、最後まで謎めいていたけど、
やっと描かれたね。

僕は49巻のAmazonのレビューを読んでいたら、うっかりオチを知ってしまっていたので、あまり驚かなかったけど(苦笑
どんなふうに千早ちゃんと太一が結ばれる終わりになるのかな?!と全然想像がつかなかったけど、
読んだら、なるほど。な終わり方だったね。

クイーン戦のときに、部室が描かれたから、太一の可能性もあるのかな?!と思い始めてはいたけどさ、
青春を描く漫画として、太一との共同作業で立ち上げたかるた部の部室からスタートした千早ちゃんのクイーンへの道。
だから、部室で告白するのは、当たり前だよね。
すごいアッサリした告白だったけどw
周防名人と同じで声小さい!だったよね。
千早ちゃんは太一を振ったときもそうだけど、大事な話をするときは声が小さいねw

告白の内容よりも、かなちゃんの喜びのほうが印象が強かった。
欲を言うなら、かなちゃんから太一への一言のシーンがほしかったなー!

でも、不運な男である太一を応援していた僕としては、
このオチは嬉しかった。
裏の主人公w?!である太一の努力が実を結んだように思えて、少しジーンと涙腺が緩んでしまった。

28歳の意味

新への太一と千早ちゃんの付き合う報告。

なんか太一と千早ちゃんが、
両親への報告。みたいな感じに緊張していて笑ってしまった。

新がサッパリした対応で、あっさりしすぎだろw
でも、新は千早ちゃんをあきらめてないようで凄いな。

太一に18歳じゃなくて、28歳で隣にいる。と言ってたけど、
この意味は何なんだ?!
医学部が関係するのかw?!

てか、地味に遠い辛さを味わえ。とか太一に言葉の当たり強くなってて笑った。
これがライバルになった。相手への言葉ということなのだろうかw?!

番外編

すみれちゃんの話。
まさか番外編がこんなに厚い内容で描かれたことに驚き。

瑞沢高校かるた部恒例の「新人めんどくさい」が描かれているwww

すみれちゃんが新に惚れたわけ?!w
作者様は、どうしてこういう選択肢になったw?!

千早ちゃんがチアやっている設定は迷走すぎて酷いだろwwww
千早ちゃんなどのキャラが少し大人びた描かれ方になったせいで、
千早ちゃんだと最初わからなかったわ!!

すみれちゃんが千早ちゃんを大嫌いと評していて笑ってしまった。
いやあ、こういうスミレちゃんみたいなキャラ好きです。
まあ太陽みたいなキャラを嫌いな気持ちもわかる。

理音ちゃんが千早ちゃんにイライラしているのは笑ってしまった。
そういえばマコト先輩とはどうなったんだwww?!

新派になったのかと思ったら、ちゃっかり太一に応援を頼む、あざとさは流石は恋愛バカキャラだったね!!w

おわりに

やっと終わったね。
漫画「ちはやふる」。
20代前半から楽しませてもらった。

僕は10代のとき、この漫画のキャラたちのような青春を送ってこなかった。
むしろ真逆だった。
部活はサボり魔だった。週3の練習も1日しか行かなかった。
眼の前にいる同じ年の同級生よりも、ネットの世界で話せる年上の人たちと話していた。
だから、僕は後悔しているわけじゃないけど、青春を送れなかったことに劣等感があった。

この漫画を読むことで、
そんな絵に描いたような青春を送れなかった自分の青春が少しだけ取り返せたような錯覚を感じることができました。
青春に全力を注ぐ、この漫画のキャラたちを通して、暗かった自分の青春を少しだけ、上書きできたような気がします。

ひたむきに努力するキャラたち。
僕は怠け者です。この主人公たちのような努力はまったくしてこなかった。
だから、社会に出てから何度も痛い目にあった。
痛い目にあって辛い思いをしたとき、
この漫画の数々の言葉が僕に勇気を与えてくれました。
だから、僕はこの漫画を愛して、楽しみに、50巻まで読んだのだと思う。

この漫画はかるた以外にも、重要なメッセージが含まれた漫画だと思う。
だから、将来、子供が産まれて、ある程度育ったらこの漫画を読ませたいと思っている。

なんか漫画の感想から逸脱した、他人が読んだら気持ち悪く感じそうな気持ちを吐露したけど、
そんな色々な感情がたくさん沸いてくれるような最高の漫画だった。

また、人生の折に、どこかで方向性を見失ったら、やる気を失ったら、
この漫画を思い出して、読み直したいと思う。

いろいろな感情をこの漫画を通して与えてくれた作者さまには感謝の気持ちでいっぱいとお疲れ様でした。の気持ちです。

まだまだ番外編は書けそうな漫画なので、この後の展開も楽しみに待ってますw
あとアニメも最後まで描かれて欲しいな!!

漫画は終わったけど、それらを楽しみに、これからも「ちはやふる」の名言を思い出して勇気をもらいながら、人生を過ごしていこうと思う!!

タイトルとURLをコピーしました