ウォーキング・デッド シーズン10 第3話 亡霊 -感想- 現実なのか、幻覚なのか

ウォーキング・デッド, The Walking Dead, シーズン10ドラマ
この記事は約3分で読めます。

どうも、ゾンビ系が好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ウォーキング・デッド シーズン10 第3話 亡霊 の感想。

ただの感想である。考察ではない!
※ネタバレ込み

あらすじ

キャロルさん幻覚がみえる

急展開

アレクサンドリアが襲われている。
冒頭のシーンを頭で整理するのに、時間がかかったわ!!

展開が急すぎる。

  • ゾンビ大群の襲来
  • アルファとの交渉

とりあえず、みんなが疲れ切っていることだけは、わかったよ。

ニーガン

ニーガンさん、ゲイブリエルの命令でアーロンと壁外討伐に行くことになる。

命令されるときに、
外に出たくない。いじめられる。みたいな超弱腰で笑ってしまった。

アーロンの挑発に、
また昔のニーガンさんに戻るのか?!と、ハラハラしたけど、
結局、丸くなってかなり良い人で終わってました。

しかし、過去の印象が強すぎて、
こいつ裏切るのかな?!と常にハラハラさせられる。

「裏切り」は、ウォーキング・デッドにおいて重要な要素だからね!!

アルファさん

アルファさんと対面。
意外とすぐに対面になったな。

1回だし、火災だから許して!!

の主張に対して、

3回侵入しただろ!!

と細かく述べられる笑。

圧倒的にアルファさんのほうが上手じゃないですか!!

キャロルさんが怒り爆発で銃を発泡するが、ミショーンの阻止で失敗する。

このまま殺し合いが始まるのか?!とハラハラ!!

「母親だからね!」とアルファさんの温情で、
その場は、何も盛り上がりなく平和に終わる。

キャロルさんが負けてる…。

本当に子を持つ女性は恐ろしいですね(汗
一番、怒らせてはいけない!!

幻覚

キャロルさんが薬を飲んでいる!!
しかも、幻覚がみえてるだと…?!

ウォーキング・デッド名物?!だよね、この演出。
これは脱退の兆候なのか…???

幻覚のシーンが多すぎて、
現実なのか、幻覚なのか、
もはやよくわからない演出が多かった。

結局、どこが現実だったの?!
紐に吊るされて襲われたのは現実なの?!

男女の友情

ゾンビ撃退の疲れで、
本音をぶちまけるロジータ。

ユージンが振られる。

ロジータは「友情は?」と問う。

ユージンは、
男女の仲に発展する可能性があったから、成り立った友情だった。
みたいに語る。

いつも変態じみた発言ばかりだな。と思っていたけど、
シーズン10にして、初めて共感を持てるセリフだった。
男女ならではの友情はあるよね…。

男女に友情はあるけど、簡単に壊れる可能性がある。

って、こういうことだよなー。

おわりに

話しは進んだ気がするけど、
イマイチ目標がどこなのかわからないシーズン10である。

幻覚なのか、現実なのか、よくわからない描写が多すぎて、
みていて疲れたー。

ニーガンさんに期待したい。
裏切るところじゃなくて、リディアにメロメロな、ダサいオッサンなニーガンがみたいよ!!

タイトルとURLをコピーしました