ウォーキング・デッド シーズン10 第2話 終末の始まり -感想-

ウォーキング・デッド, The Walking Dead, シーズン10ドラマ
この記事は約1分で読めます。

どうも、ゾンビ系が好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ウォーキング・デッド シーズン10 第2話 終末の始まり の感想。

ただの感想である。考察ではない!
※ネタバレ込み

あらすじ

アルファ側のストーリー

名前の由来

外人の名前がわからないから、
アルファって名前が普通にあると思ってたよ苦笑

始まりだから、アルファなんだね。
アルファ、ベータ、ガンマ…。
遊戯王世代の僕は、磁石の戦士マグネット・バルキリオンを思い出したぞー。

母は強い

子供を捨てるように言われた女が、
アルファに遅いかかる。
やはり子供を失った女性は怖い。
キャロルさんといい、
女性から子供を奪うことがどれほど恐ろしいのかウォーキング・デッドは思い知らせてくれる。

娘は殺せない

アルファさんが泣いていた。
やっぱし娘は殺せないんだね。
母は強し。

おわりに

なにか進展があると期待していたけど、
何も進まなかった…。

次話こそは進むといいな!!

タイトルとURLをコピーしました