ちはやふる 44巻 -感想- 対戦シーンの背景がタイムスリップ

この記事は約3分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 44巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!

あらすじ

名人位決定戦・クイーン位決定戦 2戦目!!

読んだ理由

継続購入。

読み終わった感想

ちょっと文字が多くて、読んでて疲れた。

忍ちゃんを追い詰めている!!と思いきや、

やっと千早ちゃんが同じ土俵に立てた!!
けど、この後どうしよう…。みたいな感じだね。

配置

忍ちゃんの配置について詳細に明かされる。

札の繋がりから判明する、
暗記の思考法の解説だった。

小さい歌人たちが出てくる。
表紙の意味も納得だね。
Twitterでホクロを忘れそうになった話は笑ってしまった。

野宮神社が出てきた。
あー、旅行で行ったなー。と思い出した。
藁の輪っかはなかったけどね。

原田先生

攻めがるたぽくみえない千早ちゃんにイライラ。

酒の席の吐露が笑えた。

かるたのスタイルにもトレンドがあるんだね…。
まあ将棋とかカードゲームも、時代で流行り廃りがあるもんね。

家庭教師

男なのか女なのかよくわからなかった…。
スカートを履いてるから女性ですね。

頭が痛くなる文章だった。

先生3人

途中で名言ぽい言葉があったけど、

絵が教師3人で枠がついてて扉絵みたいな絵だった。
なぜ、この絵なのだろう…。

平安時代の居間

対戦シーンの背景が、現代から平安時代にタイムスリップした。

これ今までにもあっても良さそうな描写だよね。
4畳くらいのボロいアパートにスリップしたときはあったけど(笑

末次先生は、札と結びつきが強い忍ちゃんだからこそ描きたかったのかな?
背景が変わると和装が栄えるね。

時系列

太一が手を合わせるシーン。
千早ちゃんと新が映る。

あれ?そういえばこんなシーンあったな。
期間が空いたので完全に忘れてた。
これって1戦目よりも前だったよね?
でも、お姉ちゃんが到着したのは1戦目のときだよね…。
フラフラと歩いて帰ってるけど?

記憶が曖昧で思い出せない。
コミックも手元にないから確認できない。

千早ちゃん

成長した千早ちゃん。

忍ちゃんを揺さぶったと思いきや、
怒りを買っただけで追いつけない!!

最後のページでは手詰まりと嘆く。
単純キャラがここまで詰まるのはヤバイのでは…?

次巻どうなっちゃうんだろう。
原田先生がアドバイスするのか?

おわりに

次巻は新サイドだろうね。発売は10月。

裏表紙が一番良かった。
日本の国旗を意識した白と赤の振り袖に、オリンピック柄の襷の絵は綺麗だった!!
ちはやふる展でカラー原画をまた観たいな!

タイトルとURLをコピーしました