ウォーキング・デッド シーズン10 第19話 あと1ヶ所 -感想- 聖書の正しい使い方

ウォーキング・デッド, The Walking Dead, シーズン10, 感想ドラマ
この記事は約2分で読めます。

どうも、ゾンビ系が好きな隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ウォーキング・デッド シーズン10 第19話 あと1ヶ所 の感想。

ただの感想である。考察ではない!
※ネタバレ込み

あらすじ

アーロンとゲイブリエルが食料探しに出かけるよ。

泥まみれになるゲイブリエル。
その後、豪雨が降る。
いやいや、都合が良すぎでしょ?!
ドラマだから突っ込んじゃいいけない?!

お酒

ゲイブリエルがお酒を見つける。
二人とも酔っぱらって飲み干してしまう笑

聖書

聖書が引きちぎってある描写がある。
キリスト教なんてクソくらえ!!みたいな、
ゲイブリエルを否定する存在でも出てくるのか?!と思ったら、出てきた。

でも、聖書を呼んだ理由が、お尻を拭くのにちょうど良い紙だったから。
は爆笑だった。

たしかに昔はトイレットペーパーの変わりに、新聞紙だったとか言うもんね。

ゲイブリエル

正直、いつ死ぬんだ?!と思いながら、いつも見ている。
しかし、なかなか死ななくてしぶといよね。

今回も相手を諭したかと思ったら、
急に殺してビックリした。

これが終わりの世界であるウォーキングデッドの世情か…。

メイズ

アーロンとゲイブリエルを捕まえたナイスなオッサン。
そりゃあ人のイノシシと酒を飲んだら捕まえるわな。

兄を殺したかと思いきや、
屋根裏に生かしておいて驚き。

自分よりも家族をとったことが悔しかったのだろう。

最後の写真の描写が切ないね。。

おわりに

進展なかったね。
ウォーキングデッドって、たまにこういう意味があるのかよくわからない話やるよね。

早く物語が進んでほしい。

タイトルとURLをコピーしました