ちはやふる 11巻 -感想- 成長のための選択

この記事は約4分で読めます。

どうも、オッサンなのに少女漫画を読む隣の鈴木(@next_suzuki)です。

ちはやふる 11巻 の感想。

ただの感想である。考察ではない!超ネタバレ込み!!

概要

物語の概要など。

あらすじ

2回目の全国高等学校かるた選手権大会東京都予選の決勝戦!!

読んだ理由

「ちはやふる」を初めて知ったのは2012年に放送されたアニメだった。
少女漫画とは思えないスポ根青春マンガに心を動かされて、漫画も読み始めた。
そこから10年以上の時が立ち、2022年2月に48巻が発売された。
残すは1冊。2022年には完結されるぽい…?!
完結を記念して、最後の1冊を存分に楽しむために1巻から読み直すことにした。

※49巻で完結かと想いきや、2022年4月に完結は50巻と発表されました(苦笑)

この記事の注意点

この記事の感想は48巻までも含めて書いています。
よって、48巻の物語までを含めたネタバレを書いたりします。
もし、1巻から順番にネタバレなしで読みたい人がいたら、この記事はオススメしません。
ネタバレが嫌いな人はこの記事から離脱をしてください。

感想

好き勝手に感想を書く。

セクハラです

カナちゃんに「ボインが重そう」と言ってるけど完全にアウトでしょ(苦笑)
高校生でもセクハラです!!

しかし、そんな挑発にもめげないカナちゃんが凄い!!
本当にボインに着物は楽なのかね?!
男なのでサッパリわかりませーん。

モード切替

序盤は丁寧に攻める千早ちゃん。

甘糟くんに指摘されるも、
それでも自分のやりたいことを貫く。

後半からモードを切り替えて、速く取るモードへ!!
須藤さんの集中してる人を邪魔したくない。という気持ちが出るほどの集中度!!
まさに覚醒中だね!!

4人の運命線

いやいや、こんなのありえないでしょ!?と思いながらも、
そこはご愛嬌である。漫画である。突っ込んではいけない。
しかし、このシーンを読んだ読者たちは、このシーンが活かされると、誰が予想していただろうか…笑

反則スレスレ。と指摘されていたけど、
本当の競技かるただと、どうなんだろうね。
実際はどうなのか気になる。
やっても良さそうな気もするし、ダメな気もする。

ダメなヒョロくん

太一の気迫に負けてお手つきするヒョロくん。
いやいや、これは流石にダメだね(笑)
自分から全力で勝つと言って、この負け方はね…。

甘糟くんが怒りマークが表情についていたけど、当たり前です。
僕の気持ちを代弁してくれるような指摘をしてくれています。

個>チーム

自分のやりたいことを優先した結果、
チームが負けたことを悔しがる千早ちゃん。

しかし、その後悔が更に千早ちゃんを強くする。

成長のために、現状を捨てるのって凄い勇気がいるよね。
うまくいくかもわからないわけだし、下手したら調子が悪くなるかもしれない。
それでも前向きに強くなろうと挑戦する主人公の姿は熱い!

カナちゃんのお母さん

千早ちゃんのお母さんが千早ちゃんと袴を買いに行く。
カナちゃんのお母さんの商売戦略怖すぎる笑
ふたりともドン引きしている。

後半とか特に多いけど、
親目線の気持ちを述べるシーンって、この巻を境界線に増えてきたんだよなあ。

愛嬌

「愛嬌と云うのはね、──自分より強いものを倒す柔かい武器だよ」を紹介します。

すっかり忘れていたセリフだったし、当時はかなり流し読みしてたけど、
改めて読むと、たしかにそうかもなー。と思った。

倒す。って本当に倒すわけじゃないんだけど、気に入られるためには必要なものだよなあ。

運命

運命を握るのは自分じゃない。
この言葉の意味がイマイチわからなかった。

自分だと思うんだけど、違うのかな。

他の人達から回り回ってくるものなのかな。と考えさせられた。

菫ちゃん

化粧を落とすとぐっとシンプルに。
のちに弟が出てきますが、化粧を落とすととても似てるね!

好きな人がいるか聞くときに、
「夜一人のときに、どうしているかな、会いたいなー」は、
たしかに好きな人なのかもしれない。

カナちゃんもナイス質問!みたいな反応で笑った。

太一の切なさ

今巻は少なかったけど、やっぱし太一が切ない。
千早ちゃんが新に電話をかけてるシーンが、なんか切ないよね。
気にするな。みたいな態度とってるけど、ちょっぴり寂しそう。

団体戦に居味がない

新が千早ちゃんにいう。

まあ当たり前だよね。
僕もそう思います。

おまけ

珍しく短くて笑った。

おわりに

巻の序盤で決勝戦が終わったせいか、
ちょっと一休みみたいな話しが多かったね。
あっさりした巻なイメージ。

ここから熱い全国大会!!
僕はこの大会の最終戦がアニメも含めて、とても好きなので、
読み直すのがとても楽しみ!!

タイトルとURLをコピーしました